クレイジーケンバンド横山剣が語った“ビンテージカー愛”

公開日:  更新日:

 スーツに浅めのハンチングを合わせ、トレードマークのサングラス……。ちょい悪オヤジ風のいでたちがバッチリ決まっている。ご存じ、横山剣さん(54)は、個性あふれるバンドメンバー10人を率い、今月3日に最新アルバム「Spark Plug」をリリースしたばかり。と同時に、5日のよこすか芸術劇場を皮切りに秋のツアーが始まった。趣味はビンテージカーで……。

「どうです? カッコいいでしょう。これは去年、ビンテージカー、いわゆるクラシックカーが公道を走るラリーイベントに出た時の一枚。ゼッケン55番、1956年製のオースチン・ヒーレーのハンドルを握っているのが自分です。レースは『ラ フェスタ ミッレミリア』といって、原宿から軽井沢など4日間かけてぐるりと約1200キロを走る。毎年、100台近くエントリーしてきますが、まさに筋金入りの“車好き”オジサンたちがピッカピカに磨き上げた愛車を駆ってやってきます。それを見るだけでも胸がワクワクします。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る