日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水谷ケイが語る 「ギルガメ」までの家出生活とキャバ嬢時代

 16のとき、家出しました。小5で「おニャン子クラブ」を見て以来、芸能プロに片っ端からデモテープを送ったりしていたんですけど、物の見事に全部駄目で。車屋をやっている父からは「高校を出てからにしろ」って言われたんですけど、それまで待てなかったし、遅いって思ったんです。着の身着のまま、バッグひとつでした。青森発東京行きの夜行列車の窓から友達に手を振りながら、親に見つかって連れ戻されないかとひやひやしていたものです。

 東京では、新聞の求人で住み込みできるところを探し、市ケ谷のパスタ屋さんに行きました。ところが、住み込みも寮完備もない。店長の手引きでなんとか中板橋のアパートに仮住まい。でも、仕事しながら歌のレッスンを受け、半年くらい経った時、都会に押しつぶされたというか、どっこにも縁もなにもなくて、地元に戻ったんです。やっぱり駄目かなって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事