元フジP佐藤義和さん バーで無言続いたタモリとの1カ月

公開日: 更新日:

 かつての人気番組「オレたちひょうきん族」ではひょうきんディレクターズの“ゲーハー佐藤”として、「笑っていいとも!」のプロデューサー時代はサトちゃんと呼ばれて親しまれた元フジテレビの佐藤義和さん(60)。タレントとの酒の交友は数え切れない――。

タモリさんはバーに呼び出しておきながら一切話しかけない

 酒はビール、ウイスキー、ワインなら一応、何でも飲みます。ただ強いお酒はダメ。それと家では飲まないんです。酒の席で人と出会うのが好きで、フジテレビ時代はタレントさんと飲みに行く機会も多かったなぁ。

 80年代前半はディレクターを務めた「THE MANZAI」がヒットして漫才ブーム。飲み放題、食べ放題の六本木のディスコ「ラジャコート」に漫才師たちと繰り出しては飲んでいました。でも、B&B、ツービートといった漫才師たちはすぐ客のおねえちゃんたちに囲まれ、騒ぎになって大変でしたけど。

「ひょうきん族」と並行して作った「いただきます」(現「ごきげんよう」)が始まったばかりのころは、司会の小堺一機くんと反省会と称して六本木と恵比寿で毎晩飲んだくれた。たいていは僕が夜中に無理やり誘うんですけどね。「何やってるの?」と電話すると「寝てますよ」と小堺くん。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変