日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第17回>大量のレトルトカレー&ご飯を持ち込み撮影に臨んだ

【海へ see you (1988年・東宝)】

 パリを起点に西アフリカのセネガルを目指すパリ―ダカール・ラリー。この映画のロケをした時には800台を超す車、2000人以上の人間が出場している。

 監督は蔵原惟繕、脚本は倉本聰。2時間53分の大作である。原案はフランス人作家で映画監督のジョゼ・ジョヴァンニ。アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカスが出た「冒険者たち」の原作者でもある。

 ストーリーはかなり錯綜している。高倉健はパリダカに出る車をサポートするトラックのドライバー。パジェロをレースカーとする三菱自動車チームには本来のドライバーだけでなく、芸能界の男性アイドルが参加している。そこへ、アイドルを追ってきた女性歌手(桜田淳子)がひそかに高倉健のサポートトラックに潜り込んでいることがわかる。彼女を乗せたままレースに参加するチーム。そこへ、高倉健が以前、結婚していた女性(いしだあゆみ)が現在の夫とともにラリーに参戦する。そうした、さまざまな事情を抱えた出場者たちが砂漠地帯でレースに挑む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事