実験日に海外出張も…理研調査委「小保方データ」捏造認定

公開日:  更新日:

 理化学研究所の調査委員会は26日午前、記者会見を開き、小保方晴子元研究員(31)に対する調査結果を明らかにした。

 委員長の桂勲・国立遺伝学研究所所長は「科学的検証から、STAP細胞というものがなかったことはほぼ確実」と断じた。また、小保方氏が論文では実験した日に海外出張していたり、調査委のヒアリング調査に「元のデータを持っていくと『これでは使えない』といわれたので、操作した」と“不正”への関与を認めたことも明らかにした。小保方氏から実験記録の提出はほとんどなかったという。

 理研はSTAP細胞は既存の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入したものである可能性が高いとする報告書をすでに公表しているが、小保方氏は「私はES細胞を混入させたことは絶対にありません」と関与を否定したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る