実験日に海外出張も…理研調査委「小保方データ」捏造認定

公開日:  更新日:

 理化学研究所の調査委員会は26日午前、記者会見を開き、小保方晴子元研究員(31)に対する調査結果を明らかにした。

 委員長の桂勲・国立遺伝学研究所所長は「科学的検証から、STAP細胞というものがなかったことはほぼ確実」と断じた。また、小保方氏が論文では実験した日に海外出張していたり、調査委のヒアリング調査に「元のデータを持っていくと『これでは使えない』といわれたので、操作した」と“不正”への関与を認めたことも明らかにした。小保方氏から実験記録の提出はほとんどなかったという。

 理研はSTAP細胞は既存の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入したものである可能性が高いとする報告書をすでに公表しているが、小保方氏は「私はES細胞を混入させたことは絶対にありません」と関与を否定したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る