• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子アナ裁判は「入社」で和解…日テレが“白旗”を揚げたワケ

 前代未聞の内定取り消し訴訟は、ついに日本テレビが“白旗”を揚げた。

 今年4月にアナウンサーとして入社する内定をもらっていた東洋英和女学院大4年の笹崎里菜さん(22)が、銀座のクラブのアルバイト歴を理由に内定を取り消されたことは不当として、地位確認を求めた訴訟。非公開の和解協議が7日、東京地裁で行われ、笹崎さんの代理人によると、地裁は近く、笹崎さんを採用することを盛り込んだ和解案を双方に提示する方針を示したという。和解が成立すれば笹崎さんの今春入社が認められたことを意味し、15日の第2回口頭弁論を前に決着がつくことになった。

 当然といえば当然の帰結である。日テレは笹崎さんのホステス歴を理由に「アナウンサーの仕事は高度の清廉性が求められる」「自己紹介シートにクラブのアルバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告をした」という理由で内定を取り消し。この明らかな職業差別にはマスコミや銀座のクラブ関係者ばかりか、同じ民放のフジテレビまでもが公然と番組内や社長会見で「フジなら入社させる」と日テレを批判していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る