女子アナ裁判は「入社」で和解…日テレが“白旗”を揚げたワケ

公開日:  更新日:

 前代未聞の内定取り消し訴訟は、ついに日本テレビが“白旗”を揚げた。

 今年4月にアナウンサーとして入社する内定をもらっていた東洋英和女学院大4年の笹崎里菜さん(22)が、銀座のクラブのアルバイト歴を理由に内定を取り消されたことは不当として、地位確認を求めた訴訟。非公開の和解協議が7日、東京地裁で行われ、笹崎さんの代理人によると、地裁は近く、笹崎さんを採用することを盛り込んだ和解案を双方に提示する方針を示したという。和解が成立すれば笹崎さんの今春入社が認められたことを意味し、15日の第2回口頭弁論を前に決着がつくことになった。

 当然といえば当然の帰結である。日テレは笹崎さんのホステス歴を理由に「アナウンサーの仕事は高度の清廉性が求められる」「自己紹介シートにクラブのアルバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告をした」という理由で内定を取り消し。この明らかな職業差別にはマスコミや銀座のクラブ関係者ばかりか、同じ民放のフジテレビまでもが公然と番組内や社長会見で「フジなら入社させる」と日テレを批判していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る