永瀬正敏主演の台湾映画「KANO」 ヒットの背景は?

公開日:  更新日:

 戦前の日本統治下の台湾で、甲子園を目指す高校生を描いた台湾映画がヒットしている。「KANO 1931海の向こうの甲子園」だ。

 全国60スクリーン足らずの小規模公開ながら、スタート2日間で2000万円近くの興収を上げた。これは先週公開された新作の中で3位の好成績だ。上映時間が3時間を超える作品で、これはすごい。

 台湾にやってきた永瀬正敏(写真)扮する日本人の監督が、日本人や漢民族、先住民らで構成される弱小野球部を、甲子園で活躍するチームに鍛え上げていく実話の映画化だ。劇場に足を運んでいるのは年配者で男性が多いが、女性も目につく。やはりこういう題材に気持ちが動くらしい。

 実は本作は昨年の台湾の映画界でもっともヒットした作品である。台湾の人にも同国の歴史と野球という組み合わせは魅力的だったのだろう。ちなみに、日本統治下の台湾を舞台にした作品が同国でヒットするケースは結構多いのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る