永瀬正敏主演の台湾映画「KANO」 ヒットの背景は?

公開日: 更新日:

 戦前の日本統治下の台湾で、甲子園を目指す高校生を描いた台湾映画がヒットしている。「KANO 1931海の向こうの甲子園」だ。

 全国60スクリーン足らずの小規模公開ながら、スタート2日間で2000万円近くの興収を上げた。これは先週公開された新作の中で3位の好成績だ。上映時間が3時間を超える作品で、これはすごい。

 台湾にやってきた永瀬正敏(写真)扮する日本人の監督が、日本人や漢民族、先住民らで構成される弱小野球部を、甲子園で活躍するチームに鍛え上げていく実話の映画化だ。劇場に足を運んでいるのは年配者で男性が多いが、女性も目につく。やはりこういう題材に気持ちが動くらしい。

 実は本作は昨年の台湾の映画界でもっともヒットした作品である。台湾の人にも同国の歴史と野球という組み合わせは魅力的だったのだろう。ちなみに、日本統治下の台湾を舞台にした作品が同国でヒットするケースは結構多いのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る