• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

永瀬正敏主演の台湾映画「KANO」 ヒットの背景は?

 戦前の日本統治下の台湾で、甲子園を目指す高校生を描いた台湾映画がヒットしている。「KANO 1931海の向こうの甲子園」だ。

 全国60スクリーン足らずの小規模公開ながら、スタート2日間で2000万円近くの興収を上げた。これは先週公開された新作の中で3位の好成績だ。上映時間が3時間を超える作品で、これはすごい。

 台湾にやってきた永瀬正敏(写真)扮する日本人の監督が、日本人や漢民族、先住民らで構成される弱小野球部を、甲子園で活躍するチームに鍛え上げていく実話の映画化だ。劇場に足を運んでいるのは年配者で男性が多いが、女性も目につく。やはりこういう題材に気持ちが動くらしい。

 実は本作は昨年の台湾の映画界でもっともヒットした作品である。台湾の人にも同国の歴史と野球という組み合わせは魅力的だったのだろう。ちなみに、日本統治下の台湾を舞台にした作品が同国でヒットするケースは結構多いのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る