• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画評論家・前田有一選 「新時代のテロルを理解する」映画群

 日本政府はイスラム国による人質事件で解決の糸口すら見つけられない状況だが、フランスではムハンマド風刺画を巡るテロ事件の影響で市民デモに370万人が集結。政府はイスラム国空爆のため空母派遣も決めた。なぜ問題はここまでエスカレートしたのか、その背景理解を助ける映画がある。

■「憎しみ」(95年、仏)

 犯人グループと同じ移民2世たちの仏国内での悲惨な境遇を描く。スラムと化したパリ郊外で暮らす青年3人が、移民暴動の混乱の中、偶然警官の拳銃を手に入れる。移民の労働力を必要としなくなった政府から真っ先に見捨てられた彼らは、職もなく昼間からブラブラし、苛立ちからすぐに騒ぎを起こす。警察からも右翼ギャングからも狙われ、市民からも疎まれる四面楚歌な様子が全編モノクロで絶望感たっぷりに描かれる。

■「君を想って海をゆく」(09年、仏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る