日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月映画でアニメの牙城に一矢報いた「バンクーバーの朝日」

 正月興行は日米の2本のアニメが制した。ご存じ「妖怪ウォッチ」とディズニーの「ベイマックス」である。「妖怪ウォッチ」はすでに興収55億円を超えた。2本合わせて早くも100億円の大台に乗りそうだ。

 アニメが凄すぎる。これが日本の映画興行の現実だ。しかし、ちょっとした異変も起きた。スタートしたころはまったく物足りない成績だった「バンクーバーの朝日」が、正月の土日(1月3、4日)に大幅に動員を伸ばしたのである。

 正月ぐらい、じっくり見ることができる映画に接したい。そんなふうに思った中高年が多かったのだろう。大人が見る映画が少ないので、消去法的に本作を選択した気もするが、ヒット作があってまずは一安心。

「バンクーバー」は戦前のカナダ・バンクーバーが舞台。移民の日本人がさまざまな差別の中で、野球チームをつくり、現地のチームをやっつける。そのとき、日本人はバント野球をやった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事