• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月映画でアニメの牙城に一矢報いた「バンクーバーの朝日」

 正月興行は日米の2本のアニメが制した。ご存じ「妖怪ウォッチ」とディズニーの「ベイマックス」である。「妖怪ウォッチ」はすでに興収55億円を超えた。2本合わせて早くも100億円の大台に乗りそうだ。

 アニメが凄すぎる。これが日本の映画興行の現実だ。しかし、ちょっとした異変も起きた。スタートしたころはまったく物足りない成績だった「バンクーバーの朝日」が、正月の土日(1月3、4日)に大幅に動員を伸ばしたのである。

 正月ぐらい、じっくり見ることができる映画に接したい。そんなふうに思った中高年が多かったのだろう。大人が見る映画が少ないので、消去法的に本作を選択した気もするが、ヒット作があってまずは一安心。

「バンクーバー」は戦前のカナダ・バンクーバーが舞台。移民の日本人がさまざまな差別の中で、野球チームをつくり、現地のチームをやっつける。そのとき、日本人はバント野球をやった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る