正月映画でアニメの牙城に一矢報いた「バンクーバーの朝日」

公開日:  更新日:

 正月興行は日米の2本のアニメが制した。ご存じ「妖怪ウォッチ」とディズニーの「ベイマックス」である。「妖怪ウォッチ」はすでに興収55億円を超えた。2本合わせて早くも100億円の大台に乗りそうだ。

 アニメが凄すぎる。これが日本の映画興行の現実だ。しかし、ちょっとした異変も起きた。スタートしたころはまったく物足りない成績だった「バンクーバーの朝日」が、正月の土日(1月3、4日)に大幅に動員を伸ばしたのである。

 正月ぐらい、じっくり見ることができる映画に接したい。そんなふうに思った中高年が多かったのだろう。大人が見る映画が少ないので、消去法的に本作を選択した気もするが、ヒット作があってまずは一安心。

「バンクーバー」は戦前のカナダ・バンクーバーが舞台。移民の日本人がさまざまな差別の中で、野球チームをつくり、現地のチームをやっつける。そのとき、日本人はバント野球をやった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る