ラッスンゴレライ人気過熱に「年末までもつの?」と心配の声

公開日: 更新日:

 一度聞いたら忘れられない“ラッスンゴレライ”のフレーズで大流行しているお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」。本人たちも「コンビ名を覚えてもらえない」とうれしい悲鳴を上げているが、YouTubeの公式動画はいまや1680万回再生を突破(20日現在)。小中高生に加え、オリエンタルラジオら先輩コンビもまねをして笑い取るなど、“社会現象”になっている。

 もっとも、あまりの爆発的流行ぶりに、ネット掲示板やSNSでは<このペースで年末までもつのか?><そろそろ飽きてきたかも>と一発屋の可能性を心配する声も増えてきた。<単独ライブチケット売り切れてしまったらしいけど、ラッスンとお弁当箱(注:持ちネタのひとつ)以外にネタ持ってるかどうかに興味がある><実際バカ売れだし、マーケティングの勝利>と、本当の実力に懐疑的な意見も多い。

 先輩芸人の“洗礼”もブームに水を差した。8日に放送されたトーク番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、松本人志(51)が「別におもろくない」「ただの曲ですよ」とチクリ。コンビが出演した2日の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、くりぃむしちゅーの有田哲平(44)が「正月旅行のときに観まくって好きになった」と発言。ところが、帰国して“ラッスン”が大ブレイクしているときには「飽きていた」と、からかっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る