ラッスンゴレライ人気過熱に「年末までもつの?」と心配の声

公開日:  更新日:

 一度聞いたら忘れられない“ラッスンゴレライ”のフレーズで大流行しているお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」。本人たちも「コンビ名を覚えてもらえない」とうれしい悲鳴を上げているが、YouTubeの公式動画はいまや1680万回再生を突破(20日現在)。小中高生に加え、オリエンタルラジオら先輩コンビもまねをして笑い取るなど、“社会現象”になっている。

 もっとも、あまりの爆発的流行ぶりに、ネット掲示板やSNSでは<このペースで年末までもつのか?><そろそろ飽きてきたかも>と一発屋の可能性を心配する声も増えてきた。<単独ライブチケット売り切れてしまったらしいけど、ラッスンとお弁当箱(注:持ちネタのひとつ)以外にネタ持ってるかどうかに興味がある><実際バカ売れだし、マーケティングの勝利>と、本当の実力に懐疑的な意見も多い。

 先輩芸人の“洗礼”もブームに水を差した。8日に放送されたトーク番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、松本人志(51)が「別におもろくない」「ただの曲ですよ」とチクリ。コンビが出演した2日の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、くりぃむしちゅーの有田哲平(44)が「正月旅行のときに観まくって好きになった」と発言。ところが、帰国して“ラッスン”が大ブレイクしているときには「飽きていた」と、からかっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る