日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ダメよ~」から「ラッスンゴレライ」へ…一発ギャグの稼ぎ方

 お笑いのギャグといえば、年末年始まで日本エレキテル連合の「ダメよ~、ダメダメ」一色だったが、いまや「ラッスンゴレライ」にはやりが移っている。

 知らない人に説明すると、「8・6秒バズーカー」というわけのわからない名前の若い男2人組が踊りながら、「ラッスンゴレライ」と意味のない言葉を繰り返すという、説明のしようがないネタだ。

「ぐるナイ」(日本テレビ系)の芸人発掘コーナー「おもしろ荘」に出て火がついた。ブログで「好き」と書いているアイドルもいるし、あの、きゃりーぱみゅぱみゅがブログで真似しているほどだ。「意味わかんないけど、おもろい!」というネット上の声もあるから、若者には通じるフレーズなんだろう。

 ラップ風のリズムネタとしてはハイレベルで達者なのだが、このギャグで一気に大ブレークしようという狙いが見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事