人気絶頂の「エレキテル」 ギャラはいまだに“駆け出し価格”

公開日:  更新日:

 カラスが鳴かない日はあっても、この2人を見ない日はない。31日もお笑いコンビ「日本エレキテル連合」(中野聡子・30、橋本小雪・29)は、レノボ・ジャパンのイベント開幕式で渋谷の109前に登場。小さい女の子からも「ダメよ~ダメダメの人だ」と喜ばれて幅広い人気ぶりを見せたが、やはり気になるのはギャラだ。

 ところが意外にも、TV関係者は、「TVにイベントにと引っ張りだこだけど、まだギャラはそんなに高くないんです」とこう続ける。

「番組出演料はまだキャリアが浅いから、1本当たり20万~30万円の“駆け出し価格”。中堅のお笑い芸人でも70万~80万円くらいだから、かなり割安です」

 しかし、2人の潜在視聴率は10%を超えているそうで、テレビ局はのどから手が出るほど欲しい存在。ギャラを釣り上げてブッキングしようという動きも。「1本50万円以上を払う番組もあって、最近はギャラが高騰している」(先の関係者)そうだ。

 先日もイベントで中野は、「来年もう見られなくなるかもしれないよ」と危機感を口にしていたが、せめて年末年始までは、しっかり稼げるはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る