街歩きの達人 なぎら健壱に聞いた「いい酒場との出合い方」

公開日: 更新日:

 歌手デビュー45周年。ウイットに富んだ歌詞のシンガー・ソングライターとして精力的にライブに取り組む一方、街歩きの達人、下町酒場の名ナビゲーターとしても、つとに知られる粋人。エッセーや写真集も数多く発表している、なぎら健壱さん(65)に話を聞いた。

■店のオヤジ、女将はぶっきらぼうがいい

 いい酒場、お気に入りの居酒屋にどうやって出合うか?それは飲んべえの永遠のテーマでね、これには方程式も定理もないんです。酒歴40年をはるかに越え、毎日のようにあちらこちらで飲んでるアタシ自身が、まだ確信を持てなくてさまよい歩いてるんですから、まあ間違いはない。

 それは“奥が深い”なんて、軽いひと言で言い逃れできないくらい奥が深い(笑い)。 第一、アタシがすっごく惚れ込んだ酒場があったとしてもね、それはアタシの感性にストライクだということであって、じゃあ、他の方が行ってみて「ああよかった」って思ってもらえるか? ね?、正直な話、100%、そうとは言えないでしょ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る