街歩きの達人 なぎら健壱に聞いた「いい酒場との出合い方」

公開日: 更新日:

 歌手デビュー45周年。ウイットに富んだ歌詞のシンガー・ソングライターとして精力的にライブに取り組む一方、街歩きの達人、下町酒場の名ナビゲーターとしても、つとに知られる粋人。エッセーや写真集も数多く発表している、なぎら健壱さん(65)に話を聞いた。

■店のオヤジ、女将はぶっきらぼうがいい

 いい酒場、お気に入りの居酒屋にどうやって出合うか?それは飲んべえの永遠のテーマでね、これには方程式も定理もないんです。酒歴40年をはるかに越え、毎日のようにあちらこちらで飲んでるアタシ自身が、まだ確信を持てなくてさまよい歩いてるんですから、まあ間違いはない。

 それは“奥が深い”なんて、軽いひと言で言い逃れできないくらい奥が深い(笑い)。 第一、アタシがすっごく惚れ込んだ酒場があったとしてもね、それはアタシの感性にストライクだということであって、じゃあ、他の方が行ってみて「ああよかった」って思ってもらえるか? ね?、正直な話、100%、そうとは言えないでしょ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る