3年ぶり24%超え 「笑点」が火をつける日テレ“勝利の方程式”

公開日: 更新日:

 先週の「週間視聴率トップ30」(2月23日~3月1日)で、長寿番組「笑点」(日本テレビ系)が3年ぶりに24%超え(24.2%、ビデオリサーチ調べ、関東地区)を果たし、改めて関係者の間で話題になっている。

「笑点」の高視聴率は今に始まったことではないが、「笑点」から始まって「真相報道バンキシャ!」(17.1%)→「ザ!鉄腕!DASH!!」(同21.1%)→「世界の果てまでイッテQ!」(21.6%)→「行列のできる法律相談所」(20.8%)という日曜夜の流れが、日テレ3冠王の原動力になっているのだから、他局の関係者が羨ましがるのも当然だ。「笑点」の強みについては長らく「大いなるマンネリ」と言われてきたが、実はこんな見方も出てきている。

「マンネリに見えて実は少しずつ趣向も変えているんです。たとえばメーンの大喜利にしても、たまに『チーム対抗』にしてみたり、『派閥対抗』にしてみたり、アナウンサーを登場させたり……。大喜利の前の演芸コーナーも、ケーシー高峰や堺すすむなど大ベテランを出したかと思うと、カンカラやジキジキといったこれからの若手を出したりと、手を替え品を替え、攻めに行ってます」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る