• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年ぶり24%超え 「笑点」が火をつける日テレ“勝利の方程式”

 先週の「週間視聴率トップ30」(2月23日~3月1日)で、長寿番組「笑点」(日本テレビ系)が3年ぶりに24%超え(24.2%、ビデオリサーチ調べ、関東地区)を果たし、改めて関係者の間で話題になっている。

「笑点」の高視聴率は今に始まったことではないが、「笑点」から始まって「真相報道バンキシャ!」(17.1%)→「ザ!鉄腕!DASH!!」(同21.1%)→「世界の果てまでイッテQ!」(21.6%)→「行列のできる法律相談所」(20.8%)という日曜夜の流れが、日テレ3冠王の原動力になっているのだから、他局の関係者が羨ましがるのも当然だ。「笑点」の強みについては長らく「大いなるマンネリ」と言われてきたが、実はこんな見方も出てきている。

「マンネリに見えて実は少しずつ趣向も変えているんです。たとえばメーンの大喜利にしても、たまに『チーム対抗』にしてみたり、『派閥対抗』にしてみたり、アナウンサーを登場させたり……。大喜利の前の演芸コーナーも、ケーシー高峰や堺すすむなど大ベテランを出したかと思うと、カンカラやジキジキといったこれからの若手を出したりと、手を替え品を替え、攻めに行ってます」(制作関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る