シニア狙いでドル箱に?テレ朝「おはよう!時代劇」の勝算

公開日: 更新日:

「うまいところに目をつけたもんです」――放送ジャーナリストの小田桐誠氏が舌を巻くのは、テレビ朝日が4月の改編で打ち出した「おはよう!時代劇」(月~金、朝4時~)だ。

 4日の改編説明会で谷口洋一編成部長は「これまでは深夜放送を見ていた若い世代の継続視聴を狙ったが、4月からは早朝起きてる高齢者向けに過去放送した時代劇を再放送する」とした。具体的な番組はまだ調整中だそうだが「候補の中には『暴れん坊将軍』が入っている」ことも明らかにしている。小田桐氏はこの英断にもろ手を挙げて賛成だ。

「実は僕も朝4時ぐらいに起きてしまうのですが、この時間帯は前夜と同じニュースを繰り返し流すか、例によって通販番組をやってる局がほとんど。僕なんて見るものがないから早朝散歩に出かけてました。でも、これから過去の懐かしい時代劇が見られるとなれば画面にしがみつくのは確実です」(小田桐氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る