夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”

公開日: 更新日:

「いよいよエース登場」――テレビ関係者からはこんな声が上がっている。

 30日からテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」のメーンキャスターを担当することになった竹内由恵アナ(29)のことだ。前任者が同期の八木麻紗子(29)であることから、「2番手?」と勘違いしているムキもあるが、竹内がテレビ朝日の将来を担うエースであることは間違いない。

「竹内は08年入社で、同じく08年にフジテレビに入った加藤綾子(29)が“スーパー綾子”と言われるのに対して“ミラクル由恵”と言われています。呼び名の由来は加藤がフジテレビのほか、日テレとTBSに合格していたからですが、竹内もテレ朝のほかTBSからも内定をもらっていたから。入社早々『ミュージックステーション』や『やべっちF.C.』を担当したため、音楽・スポーツ系と見られることが多い。これに対して同期の八木は新人時代から『学べる!!ニュースショー』を担当し、翌年から『Jチャン』に関わっていたため、報道畑では竹内に先行しましたが、竹内が知名度、好感度ともに同年代のエースであることは間違いない。その証拠に各局のエース級が揃うイベントなどでは、常に竹内が出席しています」(ある女子アナウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る