夕方ニュース戦争に竹内由恵アナ投入するテレ朝の“本気度”

公開日:  更新日:

「いよいよエース登場」――テレビ関係者からはこんな声が上がっている。

 30日からテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」のメーンキャスターを担当することになった竹内由恵アナ(29)のことだ。前任者が同期の八木麻紗子(29)であることから、「2番手?」と勘違いしているムキもあるが、竹内がテレビ朝日の将来を担うエースであることは間違いない。

「竹内は08年入社で、同じく08年にフジテレビに入った加藤綾子(29)が“スーパー綾子”と言われるのに対して“ミラクル由恵”と言われています。呼び名の由来は加藤がフジテレビのほか、日テレとTBSに合格していたからですが、竹内もテレ朝のほかTBSからも内定をもらっていたから。入社早々『ミュージックステーション』や『やべっちF.C.』を担当したため、音楽・スポーツ系と見られることが多い。これに対して同期の八木は新人時代から『学べる!!ニュースショー』を担当し、翌年から『Jチャン』に関わっていたため、報道畑では竹内に先行しましたが、竹内が知名度、好感度ともに同年代のエースであることは間違いない。その証拠に各局のエース級が揃うイベントなどでは、常に竹内が出席しています」(ある女子アナウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る