• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連日の「お休み」謎ツイート…心配されるKEIKOの状態

 ネット上でも「大丈夫なのか」と心配されている。globeのボーカル、KEIKO(41)。11年10月に「くも膜下出血」で倒れ、現在も自宅療養中だ。

〈たいへん身体は健康ですが、1人で外出はまだまだ無理です〉――夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が先日、自身のツイッターで妻の近況を報告していた。一進一退の状態らしいが、彼女のツイッターをのぞいてみると、確かに心配になってきた。

 先月27日も今月6日も13日も〈アメトークみたら、寝ますね。お休みなさい〉と、まったく同じつぶやきを。〈お休みなさい〉だけが連日続くこともある。ある専門医がこう言う。

「くも膜下出血による高次脳機能障害の可能性は考えられます。記憶力や集中力の低下などさまざまな“症状”があって、例えば、作家なのに文章が書けなくなるなんて場合も。身体的な後遺症はリハビリによる回復が見込めますが、脳に関しては楽観視できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る