連日の「お休み」謎ツイート…心配されるKEIKOの状態

公開日:  更新日:

 ネット上でも「大丈夫なのか」と心配されている。globeのボーカル、KEIKO(41)。11年10月に「くも膜下出血」で倒れ、現在も自宅療養中だ。

〈たいへん身体は健康ですが、1人で外出はまだまだ無理です〉――夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が先日、自身のツイッターで妻の近況を報告していた。一進一退の状態らしいが、彼女のツイッターをのぞいてみると、確かに心配になってきた。

 先月27日も今月6日も13日も〈アメトークみたら、寝ますね。お休みなさい〉と、まったく同じつぶやきを。〈お休みなさい〉だけが連日続くこともある。ある専門医がこう言う。

「くも膜下出血による高次脳機能障害の可能性は考えられます。記憶力や集中力の低下などさまざまな“症状”があって、例えば、作家なのに文章が書けなくなるなんて場合も。身体的な後遺症はリハビリによる回復が見込めますが、脳に関しては楽観視できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る