連日の「お休み」謎ツイート…心配されるKEIKOの状態

公開日: 更新日:

 ネット上でも「大丈夫なのか」と心配されている。globeのボーカル、KEIKO(41)。11年10月に「くも膜下出血」で倒れ、現在も自宅療養中だ。

〈たいへん身体は健康ですが、1人で外出はまだまだ無理です〉――夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が先日、自身のツイッターで妻の近況を報告していた。一進一退の状態らしいが、彼女のツイッターをのぞいてみると、確かに心配になってきた。

 先月27日も今月6日も13日も〈アメトークみたら、寝ますね。お休みなさい〉と、まったく同じつぶやきを。〈お休みなさい〉だけが連日続くこともある。ある専門医がこう言う。

「くも膜下出血による高次脳機能障害の可能性は考えられます。記憶力や集中力の低下などさまざまな“症状”があって、例えば、作家なのに文章が書けなくなるなんて場合も。身体的な後遺症はリハビリによる回復が見込めますが、脳に関しては楽観視できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る