「慶大講師」はお役御免 “皇族タレント”と化した竹田恒泰氏

公開日: 更新日:

 ただの“皇族タレント”になっていた。

 華原朋美(39)にラブコールを送る一方で元「AKB48」畑山亜梨紗(23)との熱愛が発覚した「明治天皇の玄孫」竹田恒泰氏(38)。07年4月から、母校である慶応義塾大学法学部法学研究科(大学院)で非常勤講師を務めていたが、3月いっぱいで契約を終了していた。

 慶大の場合、非常勤講師は半年もしくは1年で契約更新することがほとんどだそうだが、7年間務めた竹田氏の契約が更新されることはなかった。今後、講師として復帰できるかは不明だが、母校から追い出されたのはかなりの痛手だろう。

■もはや「皇族芸人」

 いまだに“両てんびん疑惑”について明言を避けている竹田氏。20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)に出演した際も「もう個人的なことですから、ほっといてください…」と逃げの姿勢。一方で、注目されたことがうれしいのか、畑山と「フライデー」された蕎麦店前の“現場”を再訪。21日の夜、ツイッターに「ここかぁ。」というつぶやきとともに、スーツ姿でポーズを決め、一人で“激写”された現場を歩く写真をアップした。

 出たがりの竹田氏には、「皇族芸人」のポジションがぴったり。教壇よりひな壇がお似合いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る