「慶大講師」はお役御免 “皇族タレント”と化した竹田恒泰氏

公開日: 更新日:

 ただの“皇族タレント”になっていた。

 華原朋美(39)にラブコールを送る一方で元「AKB48」畑山亜梨紗(23)との熱愛が発覚した「明治天皇の玄孫」竹田恒泰氏(38)。07年4月から、母校である慶応義塾大学法学部法学研究科(大学院)で非常勤講師を務めていたが、3月いっぱいで契約を終了していた。

 慶大の場合、非常勤講師は半年もしくは1年で契約更新することがほとんどだそうだが、7年間務めた竹田氏の契約が更新されることはなかった。今後、講師として復帰できるかは不明だが、母校から追い出されたのはかなりの痛手だろう。

■もはや「皇族芸人」

 いまだに“両てんびん疑惑”について明言を避けている竹田氏。20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)に出演した際も「もう個人的なことですから、ほっといてください…」と逃げの姿勢。一方で、注目されたことがうれしいのか、畑山と「フライデー」された蕎麦店前の“現場”を再訪。21日の夜、ツイッターに「ここかぁ。」というつぶやきとともに、スーツ姿でポーズを決め、一人で“激写”された現場を歩く写真をアップした。

 出たがりの竹田氏には、「皇族芸人」のポジションがぴったり。教壇よりひな壇がお似合いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る