「慶大講師」はお役御免 “皇族タレント”と化した竹田恒泰氏

公開日:  更新日:

 ただの“皇族タレント”になっていた。

 華原朋美(39)にラブコールを送る一方で元「AKB48」畑山亜梨紗(23)との熱愛が発覚した「明治天皇の玄孫」竹田恒泰氏(38)。07年4月から、母校である慶応義塾大学法学部法学研究科(大学院)で非常勤講師を務めていたが、3月いっぱいで契約を終了していた。

 慶大の場合、非常勤講師は半年もしくは1年で契約更新することがほとんどだそうだが、7年間務めた竹田氏の契約が更新されることはなかった。今後、講師として復帰できるかは不明だが、母校から追い出されたのはかなりの痛手だろう。

■もはや「皇族芸人」

 いまだに“両てんびん疑惑”について明言を避けている竹田氏。20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)に出演した際も「もう個人的なことですから、ほっといてください…」と逃げの姿勢。一方で、注目されたことがうれしいのか、畑山と「フライデー」された蕎麦店前の“現場”を再訪。21日の夜、ツイッターに「ここかぁ。」というつぶやきとともに、スーツ姿でポーズを決め、一人で“激写”された現場を歩く写真をアップした。

 出たがりの竹田氏には、「皇族芸人」のポジションがぴったり。教壇よりひな壇がお似合いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る