• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「慶大講師」はお役御免 “皇族タレント”と化した竹田恒泰氏

 ただの“皇族タレント”になっていた。

 華原朋美(39)にラブコールを送る一方で元「AKB48」畑山亜梨紗(23)との熱愛が発覚した「明治天皇の玄孫」竹田恒泰氏(38)。07年4月から、母校である慶応義塾大学法学部法学研究科(大学院)で非常勤講師を務めていたが、3月いっぱいで契約を終了していた。

 慶大の場合、非常勤講師は半年もしくは1年で契約更新することがほとんどだそうだが、7年間務めた竹田氏の契約が更新されることはなかった。今後、講師として復帰できるかは不明だが、母校から追い出されたのはかなりの痛手だろう。

■もはや「皇族芸人」

 いまだに“両てんびん疑惑”について明言を避けている竹田氏。20日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)に出演した際も「もう個人的なことですから、ほっといてください…」と逃げの姿勢。一方で、注目されたことがうれしいのか、畑山と「フライデー」された蕎麦店前の“現場”を再訪。21日の夜、ツイッターに「ここかぁ。」というつぶやきとともに、スーツ姿でポーズを決め、一人で“激写”された現場を歩く写真をアップした。

 出たがりの竹田氏には、「皇族芸人」のポジションがぴったり。教壇よりひな壇がお似合いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る