時系列に矛盾も ツッコミどころ満載な華原朋美の“破局トーク”

公開日:  更新日:

「いくら何でもタイミングが良すぎる」という、冷ややかな見方もある。

 先月13日に明治天皇の玄孫で慶大講師の竹田恒泰氏(38)と“破局”していたことが、8日に明らかになった歌手の華原朋美(39)。そして、12日に初のカバーアルバムを発売。破局について聞こうと、マスコミも集まった。実に分かりやすい流れだ。

「昨年11月に2人の関係が発覚した当初は、<紅白出場を狙った話題づくり>なんてささやかれたものです。もともと竹田氏が華原の大ファンで、<2年後の結婚を目指して、一緒に頑張りましょう>なんて猛アプローチしていた。当時、薬物依存などで5年半の休業から復帰したばかりの華原にとって、渡りに船だったことは間違いありません」(芸能ライター)

 竹田氏はJOC会長の長男。ソチ五輪もあったわけで、話題性は十分。その後は「友達以上、恋人未満」をにおわせる思わせぶりな関係を続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る