芸歴は10年目 朝ドラ新ヒロイン波瑠のブレークが遅れたワケ

公開日:  更新日:

 9月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインに、女優の波瑠が起用されることになった。これまで「てっぱん」「純と愛」「あまちゃん」と、3回NHK朝ドラのオーディションに落ちていたが、4度目の正直で2500人を超える応募者の中からヒロインの座を射止めた。

 この発表から間もなくして、波瑠が12年から務めてきた雑誌「non-no」の専属モデル卒業を発表し、「これからは映画やドラマの仕事で頑張ります」と“女優専念宣言”。並々ならぬヤル気を表明した。

 一方のNHKの力の入りようもハンパじゃない。本来なら4月スタートの「まれ」の宣伝に力を入れるべきこの時期に、9月のヒロインをお披露目。しかも、東京と大阪で同時にお披露目会を開くのも異例。担当プロデューサーも「願っていたヒロイン像ができるなと確信を持っている」と、波瑠との相思相愛ぶりをアピールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る