日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シカゴ」後も再来日 マッサン「エリー」にCMオファー殺到

「もう米国に帰っちゃうの?」「日本での活動はおしまい?」と、お茶の間から声が上がっているという。NHKの朝ドラ「マッサン」で妻エリー役を演じている米女優、シャーロット・ケイト・フォックス(29)。朝ドラのヒロインを務めた女優は、CMや映画、民放ドラマ出演へと活動を広げていくのが普通だが、シャーロットがこの10月、米ミュージカル「CHICAGO」でブロードウェーデビューを果たすというので話題だ。

 すでに「マッサン」の撮影がクランクアップしたこともあってか、シャーロットは「また新しい旅を始めるような気持ち」と、ブロードウェー出演に心を浮き立たせているのだが……。

「ドラマで、たどたどしい日本語を話す姿からも分かる通り、シャーロットは日本語があまり話せない。セリフを丸暗記して撮影に臨んできたから、その意味まで理解する余裕はありませんでしたが、それでも完走したことで評価は高い。ただ、やっぱり母国語の英語が通じる欧米に戻りたいと思った可能性はあるのではないでしょうか」と、スポーツ紙芸能デスクはシャーロットの胸中を推察する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事