“平成の夏目雅子”と話題 NHK朝ドラ主演波瑠が持つオーラ

公開日:  更新日:

 好調な朝ドラのニュースがまたひとつ。放送中の「マッサン」は最後まで好調をキープ、これに続く土屋太鳳の「まれ」に期待がかかるが、今週はその次の朝ドラが発表された。今年秋からは波瑠がヒロインの「あさが来た」。幕末生まれ、相撲好きのおてんば娘が日本初の女子大を設立する物語だ。

 朝ドラは10年前期「ゲゲゲの女房」あたりから好評で、「純と愛」「てっぱん」以外は連ドラの話題をリードし、13年前期の「あまちゃん」以降は視聴率は平均20%超えを達成している。

 そこで「まれ」か次の「あさが来た」か、どれがコケるかが業界関係者の話題なのだが、「あさが来た」は期待できるのか。

 波瑠と聞いても、ピンとこないかもしれないが、顔立ちは清楚系の稲森いずみテイスト。ドラマ関係者はこんな意見だ。

「波瑠が出たドラマでもっとも印象的なのは伊集院静原作の『いねむり先生』です。彼女はこの中で故・夏目雅子を演じたのですが、目が澄んでいてしぐさが夏目にそっくりだった。思わず“平成の夏目雅子”と思った視聴者がいたはず。それくらいキラキラしたオーラがあった。これまで連ドラでは4、5番手というポジションでしたが、朝ドラでメーンを張ってハジける可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る