“平成の夏目雅子”と話題 NHK朝ドラ主演波瑠が持つオーラ

公開日:  更新日:

 好調な朝ドラのニュースがまたひとつ。放送中の「マッサン」は最後まで好調をキープ、これに続く土屋太鳳の「まれ」に期待がかかるが、今週はその次の朝ドラが発表された。今年秋からは波瑠がヒロインの「あさが来た」。幕末生まれ、相撲好きのおてんば娘が日本初の女子大を設立する物語だ。

 朝ドラは10年前期「ゲゲゲの女房」あたりから好評で、「純と愛」「てっぱん」以外は連ドラの話題をリードし、13年前期の「あまちゃん」以降は視聴率は平均20%超えを達成している。

 そこで「まれ」か次の「あさが来た」か、どれがコケるかが業界関係者の話題なのだが、「あさが来た」は期待できるのか。

 波瑠と聞いても、ピンとこないかもしれないが、顔立ちは清楚系の稲森いずみテイスト。ドラマ関係者はこんな意見だ。

「波瑠が出たドラマでもっとも印象的なのは伊集院静原作の『いねむり先生』です。彼女はこの中で故・夏目雅子を演じたのですが、目が澄んでいてしぐさが夏目にそっくりだった。思わず“平成の夏目雅子”と思った視聴者がいたはず。それくらいキラキラしたオーラがあった。これまで連ドラでは4、5番手というポジションでしたが、朝ドラでメーンを張ってハジける可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る