“平成の夏目雅子”と話題 NHK朝ドラ主演波瑠が持つオーラ

公開日: 更新日:

 好調な朝ドラのニュースがまたひとつ。放送中の「マッサン」は最後まで好調をキープ、これに続く土屋太鳳の「まれ」に期待がかかるが、今週はその次の朝ドラが発表された。今年秋からは波瑠がヒロインの「あさが来た」。幕末生まれ、相撲好きのおてんば娘が日本初の女子大を設立する物語だ。

 朝ドラは10年前期「ゲゲゲの女房」あたりから好評で、「純と愛」「てっぱん」以外は連ドラの話題をリードし、13年前期の「あまちゃん」以降は視聴率は平均20%超えを達成している。

 そこで「まれ」か次の「あさが来た」か、どれがコケるかが業界関係者の話題なのだが、「あさが来た」は期待できるのか。

 波瑠と聞いても、ピンとこないかもしれないが、顔立ちは清楚系の稲森いずみテイスト。ドラマ関係者はこんな意見だ。

「波瑠が出たドラマでもっとも印象的なのは伊集院静原作の『いねむり先生』です。彼女はこの中で故・夏目雅子を演じたのですが、目が澄んでいてしぐさが夏目にそっくりだった。思わず“平成の夏目雅子”と思った視聴者がいたはず。それくらいキラキラしたオーラがあった。これまで連ドラでは4、5番手というポジションでしたが、朝ドラでメーンを張ってハジける可能性大です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る