AKB参入に複雑? 新潟ご当地アイドル「Negicco」の正念場

公開日:  更新日:

「こんにちねぎねぎ!」の挨拶に笑いが起きた。

 30日、「第1回ソトコトでんき大賞」発表会に登場した新潟県のご当地アイドル「Negicco(ねぎっこ)」。リーダーのNao☆(26)は「電気が地道な努力でできたように、自分たちも地道に活動していけたらなと思いました」と何とか挨拶をまとめたが、同席した藤岡弘、(69)の迫力と小学4年生とは思えない鈴木福(10)の落ち着きにタジタジ。アピール不足は否めなかった。

 イベントでの発言は控えめに終わった「Negicco」が今、戦々恐々としているのが「AKB48」グループの新潟進出だろう。今年1月に「NGT48」の結成が発表された当初、マツコ・デラックス(42)が「いい感じになってきている時に、邪魔すんなよ!」と物言いをつけたが、当事者の「Negicco」たちも複雑な気持ちだったに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る