映画が大苦戦…「あまちゃん」貯金が尽きた能年玲奈の正念場

公開日: 更新日:

 国民的朝ドラ「あまちゃん」のヒロインを演じ、瞬く間にスターダムにのし上がった能年玲奈(21)が窮地に立たされている。主演映画「海月姫」の客入りが芳しくないのだ。

「昨年12月27日の初日から年明け6日まで11日間の興行収入は2億4000万円。全国216スクリーンという上映規模からすると、苦戦をしいられている状況と言わざるを得ない。このままだと最終的に5億円に届くかどうか。映画会社としては7億~8億円は狙いたいところだと思うのですが……」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

 同名の女性向け人気コミックの実写化ムービー。クラゲおたくの冴えない田舎っぺ女子の主人公が、これまた冴えないおたく仲間と男子禁制のアパートで共同生活していると、ひょんなことで女装癖のあるイケメン男子と知り合いに。これまた突然の地上げによるアパート取り壊しの窮地に立たされ、だったら皆で悪あがきして立ち向かおう……という具合の話。それに恋愛要素も軽く盛り込んだ、いわば、ドタバタエンタメコメディーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  9. 9

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  10. 10

    北方領土問題の「本質」はロシアによる日本の主権侵害だ

もっと見る