映画が大苦戦…「あまちゃん」貯金が尽きた能年玲奈の正念場

公開日: 更新日:

 国民的朝ドラ「あまちゃん」のヒロインを演じ、瞬く間にスターダムにのし上がった能年玲奈(21)が窮地に立たされている。主演映画「海月姫」の客入りが芳しくないのだ。

「昨年12月27日の初日から年明け6日まで11日間の興行収入は2億4000万円。全国216スクリーンという上映規模からすると、苦戦をしいられている状況と言わざるを得ない。このままだと最終的に5億円に届くかどうか。映画会社としては7億~8億円は狙いたいところだと思うのですが……」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

 同名の女性向け人気コミックの実写化ムービー。クラゲおたくの冴えない田舎っぺ女子の主人公が、これまた冴えないおたく仲間と男子禁制のアパートで共同生活していると、ひょんなことで女装癖のあるイケメン男子と知り合いに。これまた突然の地上げによるアパート取り壊しの窮地に立たされ、だったら皆で悪あがきして立ち向かおう……という具合の話。それに恋愛要素も軽く盛り込んだ、いわば、ドタバタエンタメコメディーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

もっと見る