日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘリウム事故は氷山の一角 アイドルの過酷生き残りレース

「努力は必ず報われる」――。世のアイドルたちは「AKB48」高橋みなみの“名言”を信じているのだろうか。

 テレビ朝日は4日、アイドルグループ「3B junior」のメンバー(12)がバラエティー番組「3B juniorの星くず商事」(BS朝日)の収録中、パーティー用のヘリウムガスを一気に吸った直後に意識を失い、緊急搬送されたと発表した。専門医の診断は「脳空気塞栓症」(脳の血管に空気が入って血流が妨げられる状態)。テレ朝広報部は5日、「先日の会見から女の子の容体に変化はありません。現在は点滴から口からの食事に切り替わっているとのことですが、意識はまだ十分には戻っていません」と説明した。

「3B」は「ももいろクローバーZ」の妹分グループ。5日に「ももクロ」は公式サイトで「私たちもとても心配しています。早く元気になりますように心より願っています」とコメントした。かくいう「ももクロ」もメンバーの佐々木彩夏(18)が昨年4月に関西テレビの音楽番組「ミュージャック」の収録中、イントロボタンを押すためにダッシュした際に転倒し、左足首を骨折。全治2カ月のケガを負っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事