「ドクターX」秘書役で注目 内藤理沙さんの“コンテスト秘話”

公開日:  更新日:

 昨年12月に終了したドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)で、2人の外科部長に仕える秘書・関ケ原朋子役を好演していたのがこの人、内藤理沙さん(26)。女優になるきっかけとなった少女時代の写真を見て、内藤さんがいま思うこと――。

■12万1397人分の21人が本選に

 白いTシャツに、赤を基調としたチェック柄のパンツ。三つ編みと、真っ白な歯がのぞく笑顔が初々しい。いかにも健康そうな美少女だ。

「写真は中学2年生のとき。自宅で母がデジカメで撮影した数枚の中の一枚です。『これを着て、スニーカーを履いて、ここに立って』と、母に言われるがままに。同じスタイルで写りが一番良かった写真を、履歴書と一緒に送りました。それにしても真っ黒! 部活でソフトテニスをやってたので、Tシャツ焼けしてたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る