• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

船を自作し「世界一周」の旅へ 気になる加山雄三の“台所事情”

「あの人の前向き思考には頭が下がる」――芸能関係者が舌を巻いている。“若大将”こと加山雄三(77)のことだ。このほど「エコシップでの世界一周構想」をぶち上げた。風力・太陽光など自然エネルギーだけで動く船を自作し、3年後から世界一周に乗り出すという。

 それはそれで結構なことだが、関係者が首をひねっているのは、加山家の台所事情だ。30歳の時、叔父と共同経営していたホテルが倒産し四十数億円の借金を抱えた加山は、80年代には自宅や茅ケ崎の別荘に20億円の抵当を付け、総額120億円をかけて新潟にスキー場をつくったが、これまた失敗。にもかかわらず、「世界一周」って、一体あの借金はどうなっているのか。

「ホテルの方はもう40年以上経っている話で、とっくにケリはついているはずです。ただし、スキー場の方はねぇ……。はっきりしたことは分かりませんが、父親・上原謙が亡くなった際の香典返しがテレホンカード一枚だったことは今でも“ケチ伝説”として語り継がれている。3年前、長女・梓真悠子の離婚を“セレブ離婚”と書かれた時は、加山自身が“うちにはカネがない。セレブじゃない”と反論してましたが」(芸能事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る