船を自作し「世界一周」の旅へ 気になる加山雄三の“台所事情”

公開日: 更新日:

「あの人の前向き思考には頭が下がる」――芸能関係者が舌を巻いている。“若大将”こと加山雄三(77)のことだ。このほど「エコシップでの世界一周構想」をぶち上げた。風力・太陽光など自然エネルギーだけで動く船を自作し、3年後から世界一周に乗り出すという。

 それはそれで結構なことだが、関係者が首をひねっているのは、加山家の台所事情だ。30歳の時、叔父と共同経営していたホテルが倒産し四十数億円の借金を抱えた加山は、80年代には自宅や茅ケ崎の別荘に20億円の抵当を付け、総額120億円をかけて新潟にスキー場をつくったが、これまた失敗。にもかかわらず、「世界一周」って、一体あの借金はどうなっているのか。

「ホテルの方はもう40年以上経っている話で、とっくにケリはついているはずです。ただし、スキー場の方はねぇ……。はっきりしたことは分かりませんが、父親・上原謙が亡くなった際の香典返しがテレホンカード一枚だったことは今でも“ケチ伝説”として語り継がれている。3年前、長女・梓真悠子の離婚を“セレブ離婚”と書かれた時は、加山自身が“うちにはカネがない。セレブじゃない”と反論してましたが」(芸能事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る