船を自作し「世界一周」の旅へ 気になる加山雄三の“台所事情”

公開日:  更新日:

「あの人の前向き思考には頭が下がる」――芸能関係者が舌を巻いている。“若大将”こと加山雄三(77)のことだ。このほど「エコシップでの世界一周構想」をぶち上げた。風力・太陽光など自然エネルギーだけで動く船を自作し、3年後から世界一周に乗り出すという。

 それはそれで結構なことだが、関係者が首をひねっているのは、加山家の台所事情だ。30歳の時、叔父と共同経営していたホテルが倒産し四十数億円の借金を抱えた加山は、80年代には自宅や茅ケ崎の別荘に20億円の抵当を付け、総額120億円をかけて新潟にスキー場をつくったが、これまた失敗。にもかかわらず、「世界一周」って、一体あの借金はどうなっているのか。

「ホテルの方はもう40年以上経っている話で、とっくにケリはついているはずです。ただし、スキー場の方はねぇ……。はっきりしたことは分かりませんが、父親・上原謙が亡くなった際の香典返しがテレホンカード一枚だったことは今でも“ケチ伝説”として語り継がれている。3年前、長女・梓真悠子の離婚を“セレブ離婚”と書かれた時は、加山自身が“うちにはカネがない。セレブじゃない”と反論してましたが」(芸能事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る