部屋運営はカツカツ 貴乃花親方「一門後援会」発足の事情

公開日: 更新日:

 相変わらず、奇行が目立つ親方だ。

 3日に発足した貴乃花一門の後援会。通常、後援会は部屋や力士個人につくられることはあるが、一門全体というのは長い相撲の歴史を見ても初めてのことだ。

 貴乃花部屋そのものには後援会はなく、有志によるサポーター制を導入している。それだけに「なぜ?」と首をかしげる角界関係者は少なくないのである。

 ある角界OBは「部屋がサポーター制だからだろう」とこう言う。

「貴乃花親方(42、元横綱=写真)は協会改革案として、数年前にタニマチを廃止したサポーター制の導入を訴えていた。が、他の親方衆に『何をバカな』と一蹴された。そこで自分の部屋で導入したものの、組織としてしっかりしている後援会に比べ、サポーター制は脆弱。太いタニマチのいる後援会なら、米何升とか肉何キロとか差し入れがあるが、サポーターはそこまでしないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る