元ヒモと借金王が組んだスパローズは“クズネタ”一筋20年

公開日:  更新日:

 今のお笑い界にはちょっとしたクズブームがあり、「クズ芸人」と称して、平成ノブシコブシの吉村崇やウーマンラッシュアワーの村本大輔が人気を得ている。そんな中、本当のクズ芸人として「今年こそ絶対売れる」と言われ続けて20年目を迎えたのが実力派漫才コンビ、スパローズだ。

 11年から2年連続で「THE MANZAI」のワイルドカード決定戦に進出し、3年連続で認定漫才師に選ばれたほか、12年から2年連続で「キングオブコント」準決勝に進出するなど、実力は折り紙つき。単独ライブを行えばチケットは即日完売、レギュラーのFMラジオの公開放送に毎週通ってくるファンもいる。

「ツッコミの森田悟はエロネタがクズ過ぎで元ヒモ生活者。ボケの大和一孝は自己破産2回という借金王。先輩芸人にも借金しまくっているし、一頃は可愛がってくれていたつんく♂やウド鈴木にほぼ毎晩、おごってもらっていたそうです。そんな2人の売りが、人間のクズ的なエピソード満載の自虐ネタや芸人仲間や先輩の暴露ネタだったりするので、テレビ的にはオンエアが難しい面もある。しかし、MCをさせたらトップクラスの腕前で、2人とも身長180センチのイケメン。売れる要素は有り余っている。事務所の先輩にも“クズネタを控えればもっと売れる”と言われても、クズネタで勝負を続けている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る