元ヒモと借金王が組んだスパローズは“クズネタ”一筋20年

公開日:  更新日:

 今のお笑い界にはちょっとしたクズブームがあり、「クズ芸人」と称して、平成ノブシコブシの吉村崇やウーマンラッシュアワーの村本大輔が人気を得ている。そんな中、本当のクズ芸人として「今年こそ絶対売れる」と言われ続けて20年目を迎えたのが実力派漫才コンビ、スパローズだ。

 11年から2年連続で「THE MANZAI」のワイルドカード決定戦に進出し、3年連続で認定漫才師に選ばれたほか、12年から2年連続で「キングオブコント」準決勝に進出するなど、実力は折り紙つき。単独ライブを行えばチケットは即日完売、レギュラーのFMラジオの公開放送に毎週通ってくるファンもいる。

「ツッコミの森田悟はエロネタがクズ過ぎで元ヒモ生活者。ボケの大和一孝は自己破産2回という借金王。先輩芸人にも借金しまくっているし、一頃は可愛がってくれていたつんく♂やウド鈴木にほぼ毎晩、おごってもらっていたそうです。そんな2人の売りが、人間のクズ的なエピソード満載の自虐ネタや芸人仲間や先輩の暴露ネタだったりするので、テレビ的にはオンエアが難しい面もある。しかし、MCをさせたらトップクラスの腕前で、2人とも身長180センチのイケメン。売れる要素は有り余っている。事務所の先輩にも“クズネタを控えればもっと売れる”と言われても、クズネタで勝負を続けている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る