• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ヒモと借金王が組んだスパローズは“クズネタ”一筋20年

 今のお笑い界にはちょっとしたクズブームがあり、「クズ芸人」と称して、平成ノブシコブシの吉村崇やウーマンラッシュアワーの村本大輔が人気を得ている。そんな中、本当のクズ芸人として「今年こそ絶対売れる」と言われ続けて20年目を迎えたのが実力派漫才コンビ、スパローズだ。

 11年から2年連続で「THE MANZAI」のワイルドカード決定戦に進出し、3年連続で認定漫才師に選ばれたほか、12年から2年連続で「キングオブコント」準決勝に進出するなど、実力は折り紙つき。単独ライブを行えばチケットは即日完売、レギュラーのFMラジオの公開放送に毎週通ってくるファンもいる。

「ツッコミの森田悟はエロネタがクズ過ぎで元ヒモ生活者。ボケの大和一孝は自己破産2回という借金王。先輩芸人にも借金しまくっているし、一頃は可愛がってくれていたつんく♂やウド鈴木にほぼ毎晩、おごってもらっていたそうです。そんな2人の売りが、人間のクズ的なエピソード満載の自虐ネタや芸人仲間や先輩の暴露ネタだったりするので、テレビ的にはオンエアが難しい面もある。しかし、MCをさせたらトップクラスの腕前で、2人とも身長180センチのイケメン。売れる要素は有り余っている。事務所の先輩にも“クズネタを控えればもっと売れる”と言われても、クズネタで勝負を続けている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る