愛川欽也さん壮絶死…がん脊髄転移、最期まで「仕事行こう」

公開日:  更新日:

「キンキン」の愛称で親しまれ、テレビ東京「出没!アド街ック天国」の司会や俳優として活躍した愛川欽也(本名・井川敏明)さんが15日午前5時過ぎに自宅で亡くなっていたことが分かった。80歳だった。妻でタレントのうつみ宮土理(71)や家族の意向で、17日都内で密葬が営まれ、荼毘に付された。

 17日午前、愛川の所属事務所はコメントを発表。それによると、昨年冬から体調に不安を訴えるようになり、検査をしたところ肺がんであることが判明。本人の希望によって入院はせず、在宅での治療を続けてきたという。「根っからの仕事人間であった愛川は肺がんを発症した以降も仕事に情熱を燃やしており、息を引き取る直前まで『仕事に行こう』と寝言のように申しておりました」と記されている。

 愛川は3月に20年間司会を務めてきた「アド街」を降板。肺がんを患っていたが、病名を公表せず、仕事を続けてきた。妻のうつみは周囲を心配させまいと「風邪」と説明してきたが、がんは脊髄にも転移しており、今月になって容体が悪化。いよいよ歩行もままならなくなり、治療に専念することにしたという。今月3日には自宅に介護用ベッドや医療器具が運び込まれる様子が伝えられた。15日昼ごろに渋谷区の自宅から誰かが救急搬送される様子が目撃されたことから、たくさんのマスコミが自宅前に詰めかけていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る