ママタレ順調の松嶋尚美 ホンネは専業主婦も「家計」が許さず

公開日:  更新日:

 独身時代には母親ムードなんてカケラもなかった松嶋尚美(43)。ところが出産後は、苦手だった料理を覚え、子供のために苦手な早起きもいとわない「いいママ」に大変身、周囲を驚かせた。育児ブログも人気を博し、夫婦も円満。この1月に出版した育児本「松嶋尚美のジュマ&ララ diary」も好評で、今や人気ママタレの仲間入りを果たした。

 仕事も順調で、リニューアルした「スッキリ!!」(日本テレビ系)の木曜コメンテーターに加え、4月からはNHKの新番組「助けて!きわめびと」の司会に起用された。長く司会を務めていた「知っとこ!」(毎日放送)が終了してしまったが、「松嶋にはかえって好都合。前日から大阪入りしなければならなかった『知っとこ!』は、子供が気になって仕方がない松嶋にとって重荷だった」(芸能ライター)。

 しかし、発言は相変わらずガサツなおバカキャラそのままで、たびたび物議を醸す。つい先日も、「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演し、「スーパーでひき肉の生産地がわからないので、勝手にバックヤードに入って産地を聞きにいく」と告白。「ひき肉はいろいろな産地の肉が混ざっているから特定できない」と説明されると「“よくそんなの売るな”と言ってやる」とビックリ発言。たちまちネット上では「クレーマーだ」「頭おかしい」などと大騒ぎになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る