ママタレ順調の松嶋尚美 ホンネは専業主婦も「家計」が許さず

公開日:  更新日:

 独身時代には母親ムードなんてカケラもなかった松嶋尚美(43)。ところが出産後は、苦手だった料理を覚え、子供のために苦手な早起きもいとわない「いいママ」に大変身、周囲を驚かせた。育児ブログも人気を博し、夫婦も円満。この1月に出版した育児本「松嶋尚美のジュマ&ララ diary」も好評で、今や人気ママタレの仲間入りを果たした。

 仕事も順調で、リニューアルした「スッキリ!!」(日本テレビ系)の木曜コメンテーターに加え、4月からはNHKの新番組「助けて!きわめびと」の司会に起用された。長く司会を務めていた「知っとこ!」(毎日放送)が終了してしまったが、「松嶋にはかえって好都合。前日から大阪入りしなければならなかった『知っとこ!』は、子供が気になって仕方がない松嶋にとって重荷だった」(芸能ライター)。

 しかし、発言は相変わらずガサツなおバカキャラそのままで、たびたび物議を醸す。つい先日も、「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演し、「スーパーでひき肉の生産地がわからないので、勝手にバックヤードに入って産地を聞きにいく」と告白。「ひき肉はいろいろな産地の肉が混ざっているから特定できない」と説明されると「“よくそんなの売るな”と言ってやる」とビックリ発言。たちまちネット上では「クレーマーだ」「頭おかしい」などと大騒ぎになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る