氷川きよし「全国カラオケコンクール」演歌の起爆剤になるか

公開日:  更新日:

「演歌界のプリンス」氷川きよし(37)がドデカいプランをブチあげた。名付けて「氷川きよし全国カラオケコンクール」。

 今年6月から来年5月31日までの期間に全国各地で行われるカラオケ大会で、氷川のシングル27曲、及び期間内に発売された氷川の新曲を歌った出場者全員に豪華記念品をプレゼントするという。

 大会の規模は特に問わず、ただ出場者の名前と曲名の入ったプログラムなどを日本アマチュア歌謡連盟に送れば、それで「OK」らしい。

「演歌界としては大きなムーブメントになりますよ。大会参加者からプロになる人が出れば、“第2の氷川”として売り出すことも可能だし、何より大会出場のための練習としてカラオケルームに通う人も増えるでしょう。そうなったら1曲だけで帰るはずもなく、他の歌手の歌だって歌います。氷川ばかりでなく、みんながハッピーになる企画です」(音楽関係者)

 それでなくても今の演歌界は、けん玉歌手だのガテン系だの“異色若手”の登場で、一時の低迷期を脱しつつある。

 それに加えて、年間を通したビッグプランが成功すれば、演歌界の起爆剤になること請け合いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る