高齢者を切り捨て? 日テレ特番「音楽のちから」に疑問の声

公開日:  更新日:

 日本人に力を与えてくれた名曲を紹介する番組らしい。今年で2回目となる音楽特番「音楽のちから」(日本テレビ系)が12日に放送された。11時間ぶっ通しの生放送。総合司会は嵐の桜井翔(32)が務めていた。

 その関係なのだろう。嵐はもちろんKAT-TUN、関ジャニ∞、TOKIO、NEWS、V6、Hey!Say!JUMPとジャニーズグループがステージを席巻。KAT-TUNやNEWSに名曲があったとは知らなかったが、取っ換え引っ換え登場してパフォーマンスを披露していた。

 EXILEとAKBのお仲間も次々に出演していたが、まあ、どれもこれも若者向けの歌ばかり。「日本人の名曲」といいながら、お年寄りにも馴染みがありそうなのは、谷村新司の「いい日旅立ち」や森昌子の「せんせい」、ビリーバンバンの「白いブランコ」ぐらい。しっとりと聞かせる演歌のたぐいは排除されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る