日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“イクメン芸人”定着のフジモンが「イケメンに見える」なぜ?

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(44)が、ひな壇をにぎやかすだけの“ガヤ芸人”と言われたのは以前の話。いまやすっかり“イクメン芸人”としての地位を確立し、女性人気もうなぎ上りだ。

 4日、タレントの妻・木下優樹菜(27)が第2子の妊娠を発表してから初の公の場となるイベントに出席したフジモンは、“イクメン”と呼ばれていることについて、「僕は子どもが生まれる前から自ら進んで、炊事、洗濯、掃除もやっていましたし、その延長くらいの感覚」とキッパリ。

「(ユッキーナが)インスタグラムとかで子育てしている姿を載せると、この俺がイケメンに見えるらしい。『イケメンでイクメン』って言われるのよ」と誇らしげに話していた。

 2012年8月に第1子長女を授かり、タレントの杉浦太陽(34)、プロレスラーの佐々木健介(48)らとともに同年の「イクメン オブ ザ イヤー」を受賞。その後も、ママ向けの情報サイトでインタビューを受けたり、雑誌で「親子論」を語ったりと引っ張りだこである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事