• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“イクメン芸人”定着のフジモンが「イケメンに見える」なぜ?

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(44)が、ひな壇をにぎやかすだけの“ガヤ芸人”と言われたのは以前の話。いまやすっかり“イクメン芸人”としての地位を確立し、女性人気もうなぎ上りだ。

 4日、タレントの妻・木下優樹菜(27)が第2子の妊娠を発表してから初の公の場となるイベントに出席したフジモンは、“イクメン”と呼ばれていることについて、「僕は子どもが生まれる前から自ら進んで、炊事、洗濯、掃除もやっていましたし、その延長くらいの感覚」とキッパリ。

「(ユッキーナが)インスタグラムとかで子育てしている姿を載せると、この俺がイケメンに見えるらしい。『イケメンでイクメン』って言われるのよ」と誇らしげに話していた。

 2012年8月に第1子長女を授かり、タレントの杉浦太陽(34)、プロレスラーの佐々木健介(48)らとともに同年の「イクメン オブ ザ イヤー」を受賞。その後も、ママ向けの情報サイトでインタビューを受けたり、雑誌で「親子論」を語ったりと引っ張りだこである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る