桑野信義が振り返る 高給蹴ってシャネルズ加入後の貧困生活

公開日:  更新日:

“くわまん”のニックネームで親しまれている「ラッツ&スター」のトランペッター、桑野信義さん(58)。音楽活動以外にも、志村けんの「バカ殿」シリーズの家老役が大ウケするなどコメディアンとしても一目置かれている。そんな桑野さんの苦しかった下積み時代とは……。

■倉庫で梱包、トラックで配送、いろいろやりました

 ウチのおじいちゃんは軍隊でラッパをやっていました。その流れで父は戦後、全国各地の進駐軍のキャンプ巡りをしたり、ラジオやテレビの音楽番組に出演するトランぺッターでした。ジャズが得意でしたが、変わったところでは、1963年11月から64年12月までTBSで放映されたSFアニメ「エイトマン」の主題歌も吹いてます。ユーチューブで検索すると、当時の演奏がバッチリ聴けちゃうんですよ。

 そんな環境だから、物心ついたころからトランペットは身近にあって、いずれボクもトランぺッターに……。そんな家でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る