前田有紀は花屋さんに転職 女子アナ「03年入社」負け組は誰?

公開日: 更新日:

 2003年に民放キー局にNHKに入社した女子アナたちの明暗がここにきて鮮明になってきた。

 女子アナから花屋さんへの“転身”を遂げたのは、2年前にテレビ朝日を去った前田有紀・元アナウンサー(34)。12日発売の写真誌「フライデー」が、都内高級住宅地の生花店の店員として働いている様子を報じ、ファンを驚かせた。

 退社後のイギリス留学は語学とフラワースクールでの勉強を兼ねたものだったといい、今年7月には一般男性と結婚を予定。前田元アナは、この先も女子アナに戻るつもりはないそうで、天職とパートナーを得て幸せなようだ。

 12日にはもうひとつ、03年組のニュースがあった。4月から産休入りしていた、「報道ステーション」などでおなじみのテレ朝・市川寛子アナ(35)が、第1子となる女児を出産したことを発表。ブログでは「これから出産・子育てを通じて、さらに1回りも2回りも大きくなって、たくましくなって戻ってくるつもりです」と決意をつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る