山岸舞彩への逆風で 日テレ局内に鈴江奈々アナ「復帰待望論」

公開日: 更新日:

 今年4月から「NEWS ZERO」(日本テレビ)のキャスターに就任した山岸舞彩(26)の評価が急落している。

「やはり大きかったのは今夏のセクハラ騒動です。該当プロデューサーは更迭されましたが、今や山岸に対しては局内で腫れ物に触るような扱い。本人にまったく非はないのですが、起爆剤として期待された割に番組の視聴率が伸び悩んでいることも評価を下げる一因になっている。東京五輪の開催が決まった直後は7年後まで山岸で行こうという声も上がりましたが、徐々に小さくなっている」(日テレ関係者)

 キャスターになってからは自慢の美脚もミニスカートも露出が減ったともっぱら。それが視聴率低下につながったという声もある。そんな逆風下の山岸とは対照的なのが「ZERO」の前任キャスターだった鈴江奈々アナ(33)。局内で人気が急上昇しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る