山岸舞彩への逆風で 日テレ局内に鈴江奈々アナ「復帰待望論」

公開日: 更新日:

 今年4月から「NEWS ZERO」(日本テレビ)のキャスターに就任した山岸舞彩(26)の評価が急落している。

「やはり大きかったのは今夏のセクハラ騒動です。該当プロデューサーは更迭されましたが、今や山岸に対しては局内で腫れ物に触るような扱い。本人にまったく非はないのですが、起爆剤として期待された割に番組の視聴率が伸び悩んでいることも評価を下げる一因になっている。東京五輪の開催が決まった直後は7年後まで山岸で行こうという声も上がりましたが、徐々に小さくなっている」(日テレ関係者)

 キャスターになってからは自慢の美脚もミニスカートも露出が減ったともっぱら。それが視聴率低下につながったという声もある。そんな逆風下の山岸とは対照的なのが「ZERO」の前任キャスターだった鈴江奈々アナ(33)。局内で人気が急上昇しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る