日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

背景に「年齢」も…食い詰めジャニーズの“芸人化”が急加速

 ブーブークッションを鳴らす記録に挑戦したら“ホンモノ”が出た……。先月31日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で醜態をさらしたのは大野智(34)。最近はジャニーズアイドルの「芸人化」が激しく、プライベートをさらすぶっちゃけキャラも急増している。

 先月7日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)では「A.B.C─Z」塚田僚一(28)が「お酒を飲むと性欲が強くなる」と暴露。これまで桜井翔(33)や「V6」井ノ原快彦(39)、「関ジャニ∞」村上信五(33)などがアイドルの垣根を越えて、キャスターやMC業に進出してきたジャニーズだが、「お笑い」の土壌にも本格参戦。本職の芸人にとっては競争相手が増えて少ないパイを奪い合う結果になっているだけに“笑えない”話である。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「ジャニーズのタレントはどんどん増え続ける一方で歌番組やドラマには限りがあるから、知名度が全然上がらない者も多い。今は歌って踊れてしゃべれてその上、面白くないと生き残れない時代。今後はジャニーズにも“お笑い部門”ができるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事