博多華丸「優勝」の2文字消えたセ・パ交流戦ルールに不満顔

公開日:  更新日:

「スピーチとスカートは短い方がいい」

 ネタでもおなじみのフレーズで挨拶したのは「博多華丸・大吉」の博多華丸(45)。17日、主演ドラマ「めんたいぴりり2」のDVD発売記念イベントに出席した。

 ドラマ放送後の今年3月には舞台化もされたこのシリーズは業界内で評判だそうで、「SMAP中居(正広)くんが『仕事の合間にこっそり博多座で(めんたいぴりりの)舞台を見に行こうと思っていたら、直前に仕事が入って行けなくなっちゃいました、すみません』と言ってくれました。思わず『なんでテレビが回ってるときに言ってくれんと!』と言いましたね」と自慢した。

 上機嫌な華丸だったが、16日に「セ・パ交流戦」でソフトバンクが首位(12勝6敗)となったことについて「あれって何で“優勝”って言わないんですか? 今年から言わなくなった? ジャイアンツが優勝してたら“優勝”って言ってたと思うんですよね。東京のニュースで全然取り上げてくれなかったので、非常に寂しい思いをしました」とポツリ。

 今季からリーグ対抗戦方式へと変わった交流戦だが、熱狂的ホークスファンの華丸は腑に落ちない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る