博多華丸「優勝」の2文字消えたセ・パ交流戦ルールに不満顔

公開日: 更新日:

「スピーチとスカートは短い方がいい」

 ネタでもおなじみのフレーズで挨拶したのは「博多華丸・大吉」の博多華丸(45)。17日、主演ドラマ「めんたいぴりり2」のDVD発売記念イベントに出席した。

 ドラマ放送後の今年3月には舞台化もされたこのシリーズは業界内で評判だそうで、「SMAP中居(正広)くんが『仕事の合間にこっそり博多座で(めんたいぴりりの)舞台を見に行こうと思っていたら、直前に仕事が入って行けなくなっちゃいました、すみません』と言ってくれました。思わず『なんでテレビが回ってるときに言ってくれんと!』と言いましたね」と自慢した。

 上機嫌な華丸だったが、16日に「セ・パ交流戦」でソフトバンクが首位(12勝6敗)となったことについて「あれって何で“優勝”って言わないんですか? 今年から言わなくなった? ジャイアンツが優勝してたら“優勝”って言ってたと思うんですよね。東京のニュースで全然取り上げてくれなかったので、非常に寂しい思いをしました」とポツリ。

 今季からリーグ対抗戦方式へと変わった交流戦だが、熱狂的ホークスファンの華丸は腑に落ちない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る