博多華丸「優勝」の2文字消えたセ・パ交流戦ルールに不満顔

公開日: 更新日:

「スピーチとスカートは短い方がいい」

 ネタでもおなじみのフレーズで挨拶したのは「博多華丸・大吉」の博多華丸(45)。17日、主演ドラマ「めんたいぴりり2」のDVD発売記念イベントに出席した。

 ドラマ放送後の今年3月には舞台化もされたこのシリーズは業界内で評判だそうで、「SMAP中居(正広)くんが『仕事の合間にこっそり博多座で(めんたいぴりりの)舞台を見に行こうと思っていたら、直前に仕事が入って行けなくなっちゃいました、すみません』と言ってくれました。思わず『なんでテレビが回ってるときに言ってくれんと!』と言いましたね」と自慢した。

 上機嫌な華丸だったが、16日に「セ・パ交流戦」でソフトバンクが首位(12勝6敗)となったことについて「あれって何で“優勝”って言わないんですか? 今年から言わなくなった? ジャイアンツが優勝してたら“優勝”って言ってたと思うんですよね。東京のニュースで全然取り上げてくれなかったので、非常に寂しい思いをしました」とポツリ。

 今季からリーグ対抗戦方式へと変わった交流戦だが、熱狂的ホークスファンの華丸は腑に落ちない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る