「呪怨」完結編ヒロイン平愛梨「あまりに怖くて過呼吸気味に」

公開日: 更新日:

 シリーズ完結編となる「呪怨―ザ・ファイナル―」(20日公開)でヒロインを演じた平愛梨(30)。自他ともに認める怖がりで、初めてのホラー映画の撮影現場に戦々恐々だったという。

「ホラーは、DVDを家に持ち込むのも嫌なくらい苦手なんです。普段も真っ暗な部屋じゃ寝られないし、子供のころから極力怖いものは避けて生きてきました。こんな私に『呪怨』シリーズの主役が務まるのか最初は不安で……」

 しかし、フタを開ければ、迫真の絶叫顔はシリーズ屈指。落合正幸監督も、まるでホラー映画のために生まれてきた女優だと絶賛する。

「演技というより、ほとんど素で取り組んだに近いですね。最初に役づくりのため監督が、伽椰子(人々を呪い殺すシリーズキャラクター)が人を襲うシーンの映像を見せてくれたんです。それがあまりに怖くて吐き気がして過呼吸気味にまでなってしまって。そしたら慌ててみんな集まって来て、横にしてずっとさすってくれた。それ以来、監督もスタッフもすっごく優しい(笑い)。リハーサルでは伽椰子の代わりに助監督さんが演じてくれたり、怖くない配慮までしてくれて。だから本番での恐怖の表情が余計にリアルだったのかも」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る