日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日テレ笹崎里菜に及ばず フジ「新人女子アナ3人」業界で不評

「今年の新人、どうしちゃったの?」「これまでの局のカラーとはまるで違うし、個性も感じられない」「人気は望めないだろうし、きついね」

 そんな会話が、テレビ関係者の間でささやかれている。矛先はフジテレビの新人女子アナ。各局の新人がお茶の間に顔を出す「初鳴き」の季節とあって、実力やルックスに注目が集まるのは例年通りだが、今年はフジの人事に集中。「女子アナの人事だけはちゃんとやっていたのにね」ともっぱらなのだ。あるTV関係者が不思議がる。

「フジの新人女子アナは3人いて、それなりに粒ぞろい。一般企業ならば評判になるでしょうけれど、超難関で知られる女子アナ、それもフジの新人となると、どうでしょうか。小澤陽子は慶応大卒で、令嬢のようなルックスはミス慶応グランプリに輝いたというのもうなずけますが、女子アナの系統でみればテレ朝やテレ東。そのルックス以外にどこが光るのかも、なかなか見つけにくい。インパクトだけで比べても、銀座クラブホステス経験もある日テレの笹崎里菜に遠く及ばない。また、他の2人は早大と上智大出身という以外、特記できるような個性もキャリアも見当たらない。入社したばかりの新人には酷な評価でしょうけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事