• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

露出落ちない「ダチョウ倶楽部」芸歴30周年は有吉のおかげ?

 21日、「キリンのどごし〈生〉」のイベントに登場した「ダチョウ倶楽部」。巨大流しそうめんでの「連続キャッチ最多人数」ギネス世界記録に挑戦したが、審査員のジャッジは「記録は0人」。トップバッターのリーダー・肥後克広(52)がそうめんをつかめていないことが発覚した。

 肥後は「オレがやらかしたんですか?」ととぼけると、場内からはブーイング。上島竜兵(54)は「オレは分かってたんだよ。奥に行った後、コイツのお椀見たら、そうめんが一本もなかったんです。チェックしたんだよ!」と告発していた。

 記録挑戦前には「始流式」と称して、“アツアツのそうめん”を上島に食べさせる“アツアツおでん”の変化球バージョンを披露したり、「じゃあオレがやるよ」「どうぞどうぞ」のくだりを見せたりすると、会場からは拍手が沸き起こった。


 今年で芸歴30周年を迎えたダチョウ倶楽部。ネタはマンネリながら露出と人気が落ちないのは、事務所の後輩である有吉弘行(41)のブレークも大きい。有吉が仕事がない時代に上島らに面倒を見てもらっていたというのは有名な話だが、その有吉が今や超売れっ子。有吉の冠番組に「ダチョウ倶楽部」が出演することは珍しくない。

 今月からは有吉が出演している「アフラック」のCMにも起用。“食えない”後輩のおかげで寿命が延びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る