露出落ちない「ダチョウ倶楽部」芸歴30周年は有吉のおかげ?

公開日: 更新日:

 21日、「キリンのどごし〈生〉」のイベントに登場した「ダチョウ倶楽部」。巨大流しそうめんでの「連続キャッチ最多人数」ギネス世界記録に挑戦したが、審査員のジャッジは「記録は0人」。トップバッターのリーダー・肥後克広(52)がそうめんをつかめていないことが発覚した。

 肥後は「オレがやらかしたんですか?」ととぼけると、場内からはブーイング。上島竜兵(54)は「オレは分かってたんだよ。奥に行った後、コイツのお椀見たら、そうめんが一本もなかったんです。チェックしたんだよ!」と告発していた。

 記録挑戦前には「始流式」と称して、“アツアツのそうめん”を上島に食べさせる“アツアツおでん”の変化球バージョンを披露したり、「じゃあオレがやるよ」「どうぞどうぞ」のくだりを見せたりすると、会場からは拍手が沸き起こった。


 今年で芸歴30周年を迎えたダチョウ倶楽部。ネタはマンネリながら露出と人気が落ちないのは、事務所の後輩である有吉弘行(41)のブレークも大きい。有吉が仕事がない時代に上島らに面倒を見てもらっていたというのは有名な話だが、その有吉が今や超売れっ子。有吉の冠番組に「ダチョウ倶楽部」が出演することは珍しくない。

 今月からは有吉が出演している「アフラック」のCMにも起用。“食えない”後輩のおかげで寿命が延びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  6. 6

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る