MC候補のダントツに 有吉も恐れるアンジャ渡部の急浮揚

公開日: 更新日:

「テレビ制作会社のディレクターが集まる会議で、ほぼ毎回のように彼の名前が挙がります。業界ではポスト有吉弘行、上田晋也(くりぃむしちゅー)、あるいは後藤輝基(フットボールアワー)などと呼ばれる注目株ですね」(制作会社幹部)

 テレビのバラエティー界の次代を担うMCとして期待が集まる彼とは、アンジャッシュの渡部建(42)だ。

 実際、興味深い業界データがある。

「キー局でポストG&P(ゴールデン&プライム)帯の番組を決める際に行うお試し枠でのテストです。土日の昼帯や深夜帯に候補番組をオンエアし、視聴率が取れたらG&P帯に昇格する。この実験枠のMC候補に起用される回数が日テレやフジ、テレ朝などで計88本とダントツだったのが渡部でした」(ある放送作家)

 現在、渡部が抱えるレギュラー番組は「ヒルナンデス!」(日テレ)、「ニュースな晩餐会」(フジ)の2本のみ。だが、「行列のできる法律相談所」(日テレ)や「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(テレ朝)など準レギュラー扱いは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る