MC候補のダントツに 有吉も恐れるアンジャ渡部の急浮揚

公開日:  更新日:

「テレビ制作会社のディレクターが集まる会議で、ほぼ毎回のように彼の名前が挙がります。業界ではポスト有吉弘行、上田晋也(くりぃむしちゅー)、あるいは後藤輝基(フットボールアワー)などと呼ばれる注目株ですね」(制作会社幹部)

 テレビのバラエティー界の次代を担うMCとして期待が集まる彼とは、アンジャッシュの渡部建(42)だ。

 実際、興味深い業界データがある。

「キー局でポストG&P(ゴールデン&プライム)帯の番組を決める際に行うお試し枠でのテストです。土日の昼帯や深夜帯に候補番組をオンエアし、視聴率が取れたらG&P帯に昇格する。この実験枠のMC候補に起用される回数が日テレやフジ、テレ朝などで計88本とダントツだったのが渡部でした」(ある放送作家)

 現在、渡部が抱えるレギュラー番組は「ヒルナンデス!」(日テレ)、「ニュースな晩餐会」(フジ)の2本のみ。だが、「行列のできる法律相談所」(日テレ)や「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(テレ朝)など準レギュラー扱いは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る