MC候補のダントツに 有吉も恐れるアンジャ渡部の急浮揚

公開日:  更新日:

「テレビ制作会社のディレクターが集まる会議で、ほぼ毎回のように彼の名前が挙がります。業界ではポスト有吉弘行、上田晋也(くりぃむしちゅー)、あるいは後藤輝基(フットボールアワー)などと呼ばれる注目株ですね」(制作会社幹部)

 テレビのバラエティー界の次代を担うMCとして期待が集まる彼とは、アンジャッシュの渡部建(42)だ。

 実際、興味深い業界データがある。

「キー局でポストG&P(ゴールデン&プライム)帯の番組を決める際に行うお試し枠でのテストです。土日の昼帯や深夜帯に候補番組をオンエアし、視聴率が取れたらG&P帯に昇格する。この実験枠のMC候補に起用される回数が日テレやフジ、テレ朝などで計88本とダントツだったのが渡部でした」(ある放送作家)

 現在、渡部が抱えるレギュラー番組は「ヒルナンデス!」(日テレ)、「ニュースな晩餐会」(フジ)の2本のみ。だが、「行列のできる法律相談所」(日テレ)や「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」(テレ朝)など準レギュラー扱いは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る