迷走朝ドラ「まれ」を救うのは一子役・清水富美加の“出番増”

公開日:  更新日:

 NHKの朝ドラ「まれ」が相変わらず“迷走”を続けている。

 6月22~27日は11週ぶりに週間の平均視聴率が20%を超えたそうだが、これは希がようやく幼なじみの圭太と付き合うことになったことが大きいと思われる。ところが今週はその圭太ともギクシャク……。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「『まれ』のダメなところを100個挙げろと言われたらスラスラッと言えそうです。本来、“世界一のパティシエ”を目指す希の修業を中心に描くべきなのに、妙に恋愛模様を絡ませたり、そうかと思うと、肝心の修業の方は、昨日まで全然ダメだった希がいきなりスーシェフに抜擢されてしまったり。視聴率が上がったといっても、むしろ悪口を言いたいアンチが上げている可能性が高い。ヘタをしたら12年の『純と愛』以来の低空飛行になる可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る