宝塚史上初? まさかの“お笑い部門”で紫吹淳ブレークの予感

公開日:  更新日:

 6日、ミュージカル「グッバイ・ガール」の制作発表会見に登場した元宝塚歌劇団の紫吹淳(46)。「男運のなさが共感できるので、私の代表作になるかな」と笑わせる姿は“バラエティータレント”そのものだった。

 先月29日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で40歳を過ぎても身の回りのことが何一つできないことを明かして話題に。番組では「料理」「銀行振り込みやATM操作」「電車の切符購入」ができないことを告白。人生で掃除機を触ったことがなく、“ばあや”ことファンクラブ代表の菅由美子さんがマネジャーとして世話をしているため、「周囲から“46歳の赤ちゃん”と言われている」という。

 この日の会見でも共演者の岡田浩暉(49)から「カップラーメンを食べたことがないんだって。群馬県人なのに『ぺヤング』すら食べたことないらしい」と暴露されても「なぜだろう?」とトボケ顔。同舞台の劇中で母親役を演じるため、「皿洗いのシーンがあって、やったことがないので不安。舞台が終わる頃には家事が一つできるようになっているかなと思います」と笑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る