日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宝塚史上初? まさかの“お笑い部門”で紫吹淳ブレークの予感

 6日、ミュージカル「グッバイ・ガール」の制作発表会見に登場した元宝塚歌劇団の紫吹淳(46)。「男運のなさが共感できるので、私の代表作になるかな」と笑わせる姿は“バラエティータレント”そのものだった。

 先月29日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で40歳を過ぎても身の回りのことが何一つできないことを明かして話題に。番組では「料理」「銀行振り込みやATM操作」「電車の切符購入」ができないことを告白。人生で掃除機を触ったことがなく、“ばあや”ことファンクラブ代表の菅由美子さんがマネジャーとして世話をしているため、「周囲から“46歳の赤ちゃん”と言われている」という。

 この日の会見でも共演者の岡田浩暉(49)から「カップラーメンを食べたことがないんだって。群馬県人なのに『ぺヤング』すら食べたことないらしい」と暴露されても「なぜだろう?」とトボケ顔。同舞台の劇中で母親役を演じるため、「皿洗いのシーンがあって、やったことがないので不安。舞台が終わる頃には家事が一つできるようになっているかなと思います」と笑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事