元宝塚花組娘役トップの蘭乃はな “異例の残留”選んだ理由

公開日:  更新日:

 蘭乃はな(28)は「元宝塚歌劇団花組娘役トップ」という輝かしい経歴の持ち主だ。06年の初舞台から約8年間在籍した“女の園”。退団から半年、改めて振り返ると「竜宮城のようだった」とこう明かす。

「独特の価値観、習わし、美意識などがいろいろなところにちりばめられている中で、皆で切磋琢磨し合いながら絆を深め、そして己を磨く……とても貴い時間であり、場所でした。常に新作の準備に追われる日々は大変でしたが、だからこそ今の私がある。恵まれた環境だったと思います」

 幼少期からクラシックバレエにどっぷりとハマっていたが、中学2年の時、友人から借りた東京宝塚劇場のこけら落とし公演「いますみれ花咲く/愛のソナタ」のVHSを見て、宝塚にハマった。

「当時から娘役さんばかりが目に入ってきました。それから実際に舞台を見に行ったんですが、隣の見知らぬおばさまから『あなたも宝塚を受けるんでしょ?』と話しかけられたんです。私と離れた席で観劇していた(双子の)妹も、面識のない方から同じように『受けるんでしょ?』と(笑い)。この時初めて宝塚は目指せる場所だということを知り、2人であれこれ調べ始めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る