元宝塚花組娘役トップの蘭乃はな “異例の残留”選んだ理由

公開日: 更新日:

 蘭乃はな(28)は「元宝塚歌劇団花組娘役トップ」という輝かしい経歴の持ち主だ。06年の初舞台から約8年間在籍した“女の園”。退団から半年、改めて振り返ると「竜宮城のようだった」とこう明かす。

「独特の価値観、習わし、美意識などがいろいろなところにちりばめられている中で、皆で切磋琢磨し合いながら絆を深め、そして己を磨く……とても貴い時間であり、場所でした。常に新作の準備に追われる日々は大変でしたが、だからこそ今の私がある。恵まれた環境だったと思います」

 幼少期からクラシックバレエにどっぷりとハマっていたが、中学2年の時、友人から借りた東京宝塚劇場のこけら落とし公演「いますみれ花咲く/愛のソナタ」のVHSを見て、宝塚にハマった。

「当時から娘役さんばかりが目に入ってきました。それから実際に舞台を見に行ったんですが、隣の見知らぬおばさまから『あなたも宝塚を受けるんでしょ?』と話しかけられたんです。私と離れた席で観劇していた(双子の)妹も、面識のない方から同じように『受けるんでしょ?』と(笑い)。この時初めて宝塚は目指せる場所だということを知り、2人であれこれ調べ始めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る