• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3&4切り捨て成功 「ターミネーター」新作にファン号泣必至

 今夏一番の話題作といえるだろう。先週10日から公開になった「ターミネーター‥新起動/ジェニシス」が各劇場で大入り満員だ。

 同作はハリウッドで近年流行している“人気シリーズの作り直し”=リブート3部作の1作目。ところが他と異なるのは、最初からやり直しでなく、傑作の誉れ高いジェームズ・キャメロン監督版の1作目と2作目を生かした事実上の「パート3」にあたる作品だということだ。

 ターミネーターの映画版は通算5作目だが、評判がイマイチな「3」と「4」をバッサリ切り捨てる手術は大成功。シリーズファン歓喜の出来栄えとなっている。

 物語は「1」の前日譚から始まる。2029年、ついに機械軍を滅ぼしたジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)だが、敵は敗北直前にT-800型ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)を1984年に送り込んでいたことが判明。ジョンは母親サラ・コナーを守るため、部下のカイル・リースを同時代に送り込むが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る