3&4切り捨て成功 「ターミネーター」新作にファン号泣必至

公開日:  更新日:

 今夏一番の話題作といえるだろう。先週10日から公開になった「ターミネーター‥新起動/ジェニシス」が各劇場で大入り満員だ。

 同作はハリウッドで近年流行している“人気シリーズの作り直し”=リブート3部作の1作目。ところが他と異なるのは、最初からやり直しでなく、傑作の誉れ高いジェームズ・キャメロン監督版の1作目と2作目を生かした事実上の「パート3」にあたる作品だということだ。

 ターミネーターの映画版は通算5作目だが、評判がイマイチな「3」と「4」をバッサリ切り捨てる手術は大成功。シリーズファン歓喜の出来栄えとなっている。

 物語は「1」の前日譚から始まる。2029年、ついに機械軍を滅ぼしたジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)だが、敵は敗北直前にT-800型ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)を1984年に送り込んでいたことが判明。ジョンは母親サラ・コナーを守るため、部下のカイル・リースを同時代に送り込むが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る