腹筋マシン50万台突破 “強面俳優”宇梶剛士のインパクト

公開日:  更新日:

「ワンダーコアの人」になりつつある。

 5日、「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」のCMでおなじみの腹筋マシン「ワンダーコア」のPRイベントが開かれ、CMに出演している宇梶剛士(51)が登場した。日常の「後方に倒れる」という、さまざまな場面に遭遇した宇梶が、マシンを使って起き上がるというCMで話題になり、出荷台数は昨年5月の発売から今年6月末までの1年間で50万台を突破。すっかり「筋肉タレント」の名をほしいままにしている宇梶は「毎日、朝晩とやっています。<やろうよ>と誘えば家族とのコミュニケーションにもなる」と語り、「2日間の撮影で少なくとも100回以上は倒れている。撮影当初から転び方は上手だった。他ではあまり役に立たない才能に気づきました」と笑った。

「ショップジャパン」ブランドを展開するオークローンマーケティングが今回のようなコミカルなCMを制作したのは初めて。宇梶を起用した理由は「こわもての方がひょうきんな行動をするという違和感を出すことで、インパクトを与えたかったのが狙い。それにピッタリだったのが宇梶さんだった」(オークローンマーケティング広報)からだという。インパクトの強さも手伝って売り上げは上昇中だというから、宇梶サマサマだ。

 すでに“続編”の出演も始まっている。同社が販売している進化型美脚マシンのCMで、国生さゆり(47)と共演している。「元暴走族の総長」のやんちゃなイメージはあるものの、最近はこわもてキャラを生かした「俳優」で引っ張りだこ。そのうえ、「通販タレント」のポジションも得れば、鬼に金棒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る