腹筋マシン50万台突破 “強面俳優”宇梶剛士のインパクト

公開日: 更新日:

「ワンダーコアの人」になりつつある。

 5日、「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」のCMでおなじみの腹筋マシン「ワンダーコア」のPRイベントが開かれ、CMに出演している宇梶剛士(51)が登場した。日常の「後方に倒れる」という、さまざまな場面に遭遇した宇梶が、マシンを使って起き上がるというCMで話題になり、出荷台数は昨年5月の発売から今年6月末までの1年間で50万台を突破。すっかり「筋肉タレント」の名をほしいままにしている宇梶は「毎日、朝晩とやっています。<やろうよ>と誘えば家族とのコミュニケーションにもなる」と語り、「2日間の撮影で少なくとも100回以上は倒れている。撮影当初から転び方は上手だった。他ではあまり役に立たない才能に気づきました」と笑った。

「ショップジャパン」ブランドを展開するオークローンマーケティングが今回のようなコミカルなCMを制作したのは初めて。宇梶を起用した理由は「こわもての方がひょうきんな行動をするという違和感を出すことで、インパクトを与えたかったのが狙い。それにピッタリだったのが宇梶さんだった」(オークローンマーケティング広報)からだという。インパクトの強さも手伝って売り上げは上昇中だというから、宇梶サマサマだ。

 すでに“続編”の出演も始まっている。同社が販売している進化型美脚マシンのCMで、国生さゆり(47)と共演している。「元暴走族の総長」のやんちゃなイメージはあるものの、最近はこわもてキャラを生かした「俳優」で引っ張りだこ。そのうえ、「通販タレント」のポジションも得れば、鬼に金棒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る