• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

腹筋マシン50万台突破 “強面俳優”宇梶剛士のインパクト

「ワンダーコアの人」になりつつある。

 5日、「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」のCMでおなじみの腹筋マシン「ワンダーコア」のPRイベントが開かれ、CMに出演している宇梶剛士(51)が登場した。日常の「後方に倒れる」という、さまざまな場面に遭遇した宇梶が、マシンを使って起き上がるというCMで話題になり、出荷台数は昨年5月の発売から今年6月末までの1年間で50万台を突破。すっかり「筋肉タレント」の名をほしいままにしている宇梶は「毎日、朝晩とやっています。<やろうよ>と誘えば家族とのコミュニケーションにもなる」と語り、「2日間の撮影で少なくとも100回以上は倒れている。撮影当初から転び方は上手だった。他ではあまり役に立たない才能に気づきました」と笑った。

「ショップジャパン」ブランドを展開するオークローンマーケティングが今回のようなコミカルなCMを制作したのは初めて。宇梶を起用した理由は「こわもての方がひょうきんな行動をするという違和感を出すことで、インパクトを与えたかったのが狙い。それにピッタリだったのが宇梶さんだった」(オークローンマーケティング広報)からだという。インパクトの強さも手伝って売り上げは上昇中だというから、宇梶サマサマだ。

 すでに“続編”の出演も始まっている。同社が販売している進化型美脚マシンのCMで、国生さゆり(47)と共演している。「元暴走族の総長」のやんちゃなイメージはあるものの、最近はこわもてキャラを生かした「俳優」で引っ張りだこ。そのうえ、「通販タレント」のポジションも得れば、鬼に金棒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る