腹筋マシン50万台突破 “強面俳優”宇梶剛士のインパクト

公開日: 更新日:

「ワンダーコアの人」になりつつある。

 5日、「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」のCMでおなじみの腹筋マシン「ワンダーコア」のPRイベントが開かれ、CMに出演している宇梶剛士(51)が登場した。日常の「後方に倒れる」という、さまざまな場面に遭遇した宇梶が、マシンを使って起き上がるというCMで話題になり、出荷台数は昨年5月の発売から今年6月末までの1年間で50万台を突破。すっかり「筋肉タレント」の名をほしいままにしている宇梶は「毎日、朝晩とやっています。<やろうよ>と誘えば家族とのコミュニケーションにもなる」と語り、「2日間の撮影で少なくとも100回以上は倒れている。撮影当初から転び方は上手だった。他ではあまり役に立たない才能に気づきました」と笑った。

「ショップジャパン」ブランドを展開するオークローンマーケティングが今回のようなコミカルなCMを制作したのは初めて。宇梶を起用した理由は「こわもての方がひょうきんな行動をするという違和感を出すことで、インパクトを与えたかったのが狙い。それにピッタリだったのが宇梶さんだった」(オークローンマーケティング広報)からだという。インパクトの強さも手伝って売り上げは上昇中だというから、宇梶サマサマだ。

 すでに“続編”の出演も始まっている。同社が販売している進化型美脚マシンのCMで、国生さゆり(47)と共演している。「元暴走族の総長」のやんちゃなイメージはあるものの、最近はこわもてキャラを生かした「俳優」で引っ張りだこ。そのうえ、「通販タレント」のポジションも得れば、鬼に金棒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る