日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

時給200万円!? ふなっしーの“荒稼ぎ”に海外メディアも関心

「日本のスーパースター」と紹介されたのは、錦織圭でもイチローでもなかった。Funassyiこと船橋市非公認キャラクター「ふなっしー」。外国特派員協会で昨5日、ゆるキャラとしては異例の会見に出席した。

 国内外のメディア関係者ら100人が見守る中、「ブシャー」「ひゃっほー」「サンキューなっしー」と叫びながら得意のジャンプを披露。「アベノミクスに代わるフナノミクスもあるなっしー?」と経済ジョークもかまし、通訳を介して記者からの質問に応じた。

――日本の憲法改正についての見解は?(米ニュースサイトの記者)

「何事も平和的にいってほしいだなっしー」

――東京五輪の参加予定は?(ハンガリーのメディア記者)

「聖火ランナーはやりたいなっしー。頭のヘタを燃やしてもいいなっしー」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事