日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市川染五郎ベガス公演…歌舞伎界の視線の先は「訪日観光客」

 歌舞伎役者の市川染五郎(42)が14日、米・ラスベガスで開幕する「KABUKI Spectacle」(8月14~16日)の会見に出席。日本外国特派員協会に集まった外国人記者らを前に、気合マンマンにこう語った。

「日本人の底力を見せつけることができれば……という思いで乗り込んでいきたい」

 ラスベガスでの歌舞伎公演は史上初。高級ホテル「ベラージオ」の巨大噴水前で20分間にわたり、演目「鯉つかみ」を上演するという。

 ベラージオといえば、ジョージ・クルーニー率いる“オーシャンズ11”の面々がド派手な金庫破りを画策する映画の舞台としてもおなじみ。世界各国の人々が訪れる超有名スポットである。そこに特設舞台をこしらえ、水と光を融合させた華やかなエンターテインメントを繰り広げるというのだから、「とてもコーフンしている」というのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事