市川染五郎ベガス公演…歌舞伎界の視線の先は「訪日観光客」

公開日:  更新日:

 歌舞伎役者の市川染五郎(42)が14日、米・ラスベガスで開幕する「KABUKI Spectacle」(8月14~16日)の会見に出席。日本外国特派員協会に集まった外国人記者らを前に、気合マンマンにこう語った。

「日本人の底力を見せつけることができれば……という思いで乗り込んでいきたい」

 ラスベガスでの歌舞伎公演は史上初。高級ホテル「ベラージオ」の巨大噴水前で20分間にわたり、演目「鯉つかみ」を上演するという。

 ベラージオといえば、ジョージ・クルーニー率いる“オーシャンズ11”の面々がド派手な金庫破りを画策する映画の舞台としてもおなじみ。世界各国の人々が訪れる超有名スポットである。そこに特設舞台をこしらえ、水と光を融合させた華やかなエンターテインメントを繰り広げるというのだから、「とてもコーフンしている」というのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る